Home / ヨーロッパ / フランス / フランスの観光地:フランスの見どころ

フランスの観光地:フランスの見どころ

フランスは、見ておくべき様々な自然景観が豊かな国です。観光という点から見た中心地はフランスの首都パリで、美術館、独特のカルチェが多く、ナイトライフやショッピングを楽しみ文化を発見する多くの機会があります。

しかしフランスには歴史的都市、リゾート地、高山のスキー場、プロヴァンス、シャンパーニュ、コートダジュールのような波のうねる景観、ブルターヌの海岸やコルシカの内陸の山間部などの切り立った景観などのスポットもあります。

このような景観、歴史、文化の多様性によりフランスは世界で観光客が最も訪れる国の1つとなっています。

ビーチを好む旅行者にとってコルシカ島の手つかずのビーチやコートダジュールのリゾートは忘れられないものとなるでしょう。また荒々しい海が好きな旅行者にはブルターニュの切り立った断崖は理想の観光地です。

山の景観やのどかな田園風景を求めている旅行者のためにはアルプス山脈、ピレネー山脈ばかりでなく、火山、森林、渓谷のある中央高地はぜひ考慮に入れるべき観光スポットです。

フランス全土に点在しているローマ時代の史跡がある都市、とりわけプロヴァンスとローヌ渓谷も忘れてはなりません。ブドウ畑が広がる高級ワインの産地シャンパーニュやブルゴーニュの、壮大なゴチック様式の教会が聳える起伏の激しい景観も近隣のピカルディーの景観と共にお勧めです。その他、ワイン生産の長い伝統のある街としてアキテーニュがあり、特にボルドー、アルザス一帯が有名です。

フランス貴族の権力と富の象徴であったロワール渓谷の伝説のお城も、ノルマンディー海岸や有名なモン・サン=ミシェルの修道院と共に観光客がよく訪れる観光スポットです。

フランスにはユネスコの世界遺産に指定されている箇所が30カ所あります。ユネスコの世界遺産に登録されている39カ所のうちの35カ所が文化遺産で、3カ所が自然遺産、1カ所が文化遺産と自然遺産の複合遺産です。ユネスコの自然遺産のうち2つはフランスの自然遺産として登録されていますが、実際の位置はフランス領土であるニューカレドニアとレユニオンです。

宿泊施設、アパート、B&B、ホテル

Booking.com

This post is also available in: 英語 繁体中国語 チェコ語 ポーランド語