Home / 南米 / チリ / チリの観光名所:チリの見どころ

チリの観光名所:チリの見どころ

チリは太平洋とアンデス山脈の間で分かれています。チリには世界で最も乾燥しているアタカマ砂漠、山、火山、フィヨルド、湖、氷河などの多様な自然景観があります。

間違いなく自然景観はチリ観光の目玉でしょう。国内には最も美しい自然景観が保護されている32の国立公園があります。

アタカマ砂漠も、プレ・コロンビア文化の興味深い例で、岩面彫刻、岩絵、ミイラなどが乾燥した気候のおかげで非常によい状態で保存されています。

ただし、チリにはスキー(ポルティージョ、バレ・ネバード、テルマス・デ・チジャン)、中央部海岸沿いのリゾート(特に忘れてはならないのがバルパライソとヴィニャ・デル・マール)などのもっと身近な観光スポットもあります。

またカサブランカ、コルチャグア渓谷等のチリのブドウ園は良質のワインを求めるワイン愛好家を惹きつけています。パタゴニア南部は山々、湖、氷河、火山で有名で、神秘の島イースター島を初めとする太平洋に浮かぶチリの孤島は絶好の観光スポットとなっています。

チリにはユネスコの世界遺産として登録されている場所が6カ所あり、全て文化遺産です。チリで最初にユネスコの世界遺産として登録されたのはイースター島(1995年)で、その後、チロエの教会群(2000年)、バルパライソの海港都市の歴史的町並み(2003年)、ハーバーストーンとサンタ・ラウラの硝子工場群(2005年)、スウェルの鉱山都市(2006年)、アンデスの道路網(カパック・ニャン)(2014年)と登録されました。


チリ:自然を楽しむ観光スポット

トーレス・デル・パイネ国立公園

トーレス・デル・パイネ国立公園はチリ最大の主要な公園の1つです。公園はプエルト・ナタレスから100キロ離れたチリ南部に位置しており、渓谷、河川、氷河がある有名なトーレス・デル・パイネを含む多様な自然環境や山々があります。

アタカマ砂漠

チリ北東部に位置し、岩石の多い盆地、アタカマ砂漠は地上で最も乾燥した地域の1つです。砂漠の砂には硝酸ナトリウムが多く含まれています。盆地はアンデスの火山の麓にあり、多様な自然景観が楽しめます。岩塩、火山、湖、間欠泉があります。

イースター島

ラパ・ヌイ島としても知られているイースター島は太平洋に浮かぶチリの離島です。ポリネシア諸島の東端に位置する島は、600以上もの人間の形をした巨石像であるモアイ像が聳えていることで知られています。1995年からイースター島はユネスコの世界遺産に指定されています.


チリ:休暇を過ごすスポット

ヴィニャ・デル・マール

ヴィニャ・デル・マールはチリの高級リゾート地の1つで、バルパライソから北に数キロの太平洋岸に位置しています。ヴィナ・デル・マールは延々と続く砂浜で知られており、チリ国のみならず南米からの観光客を惹きつけています。ヴィニャ・デル・マール—>

バジェ・ネバード

バジェ・ネバードは1988年に建設された最も現代的なスキー場の1つです。標高3000メートル以上のスキーじょうでありながらサンティアゴからわずか50キロの距離にあります。バジェ・ネバーダには37キロにわたるスキー場があります。スキーシーズンは晩秋の6月から始まります。

バルパライソ

1906年の大地震の後、港の大部分が再建されました。バルパライソの主要な観光スポットの1つは間違いなく、オリジナルの建築です。バルパライソは、ビクトリア建築が受け入れられるのに成功した南米でも数少ない都市の1つです。バルパライソの歴史地区は2003年、ユネスコの世界遺産に登録されました。


チリ:知られざる観光スポット

ファン・フェルナンデス諸島

ファン・フェルナンデス諸島は、チリ西海岸から600キロ以上のところにある太平洋に浮かぶ3つの小島です。火山性の島々は、手つかずの壮大な自然を特徴としています。

ラウカ国立公園

ラウカ国立公園はボリビアと国境を接するチリの最北端に位置し、ペルーからも遠くない場所にあります。公園は半砂漠の高原で、火山、湖があり、多くの哺乳動物や鳥類が生息しています。ラウカ国立公園は、火山と湖の壮大な景観で有名です。

宿泊施設、アパート、B&B、ホテル

Booking.com

This post is also available in: 英語