Home / 南米 / ブラジル / ブラジルの観光名所 ブラジルの見どころ
サルバドール·デ·バイア、バイーア、ブラジル。 Author Marco Ramerini.

ブラジルの観光名所 ブラジルの見どころ

南米の様々な興味深い観光地の中でもブラジルにはアマゾン、イグアスの滝、パンタナル平原、フェルナンド・デ・ノロニャ島などの自然の美しさが味わえる観光地があります。

また、ブラジルにはサルバドール、オリンダ、オウロ・プレト、サンクリストバル、サンルイス・ド・マラニョン、ジアマンチナ等の植民地時代の名残が残る美しい街があります。人気のある県高地として、リオデジャネイロ、フォルタレザ、レシフェ、サンパウロ、ブラジリアがあります。

ブラジルにはユネスコの世界遺産に登録されている場所が19カ所あります。そのうち7つの自然遺産、12は文化遺産です。ブラジルの多くの市の歴史地区はユネスコに登録されています。その中にはサルバドール・ダ・バイア(1985年)、サンルイス・ド・マラニョンの歴史地区(1997年)、ヂアマンチーナ(1999年)、ゴイアス市の歴史地区(2001年)オリンダ市歴史地区(1982年)オウロ・プレト歴史都市(1980年)、サンフランシスコ広場があります。サンクリストバル市はセルジペ州の旧首都(2010年)で、ブラジリアの現代都市(1987年)、リオデジャネイロ(2012年)もユネスコの世界遺産に加えられました。

Catedral Metropolitana, Brasilia, Brazil. Author Victor SoaresABr. Licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike

メトロポリタンカテドラル、ブラジリア、ブラジル. Author Victor SoaresABr

芸術的、文化的遺産には、コンゴニャスのボン・ジェズス聖域(1985年)、先史時代の洞窟壁画が残るセラ・ダ・カピバラ国立公園(1991年)、グアラニにイエズス会伝道所があります。これら4つはアルゼンチン(サンイグナシオ・ミニ、サンタアナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタマリア・マヨール)にあり、サン・ミゲル・ダス・ミソインス伝道所はブラジルにあります(1983年)。

また自然遺産にフェルナンド・デ・ノロニャ諸島とロカス環礁の保護区(2001年)中央アマゾンのジャウー国立公園(2000年)、南東部の大西洋岸森林保護区、ヴィアデイロス平原国立公園とエマス国立公園(2001年)、イグアス国立公園(1986年)、パンタナウ国立公園(2000年)、コスタ・ド・ディスコブリメント大西洋岸森林保護区があります(1999年)。

ブラジルの自然を満喫する観光スポット

フェルナンド・デ・ノロニャ

レシフェ市から北東に500キロ離れた大西洋にある熱帯性気候の半島です。島の大部分は国立海洋公園として保護されています。本島は美しい海岸と保護された自然で有名です。イルカ、ウミガメ、様々な種類の魚や鳥を観察することができます。2001年、フェルナンド・デ・ノロニャはユネスコ世界遺産に加えられました。

イグアスの滝

イグアスの滝は世界で最も壮大な滝の1つで、自然の真の素晴らしさを味わえる場所です。滝はアルゼンチンとの国境に位置しています。275の小滝からなるこの滝は82メートルの高さから落ち、2.7キロに亘って延々と続いています。1986年、ユネスコはイグアスの滝を世界遺産に登録しました。イグアスの滝 —>

PANTANALパンタナウ

パンタナウ一帯はサバンナとステップという2つの気候のある地域で、森林と沼地は25万平方キロを占めており、マットグロッソ州、マットグロッソ・ド・スール州、それにボリビアとパラグアイの一部が含まれています。パンタナウには非常に多くの野生動物が生息しています。パンタナウでは、カピバラ、ジャガー、ピューマ、オオハシ、コブラ、ワニなどを観察することができます。パンタナウはユネスコの世界遺産に登録されています。

ブラジルの都市

リオデジャネイロ

サンパウロに続くブラジルで2番目に大きい都市で、1763年に建設された都市は1960年に首都がブラジリアに遷都するまではブラジルの首都でした。美しい景観で知られたリオデジャネイロ市はブラジルや南米の主要な観光地となっています。

サルバドール

サルバドール(バイーア):ブラジル最初の首都は、この国で最も歴史の豊かな都市です。ペロウリーニョ、セ、ピラー地区が含まれている歴史地区は1985年世界遺産に登録されました。

オリンダ

オリンダは東北部のコロニアル様式の建築物の宝庫です。オリンダはレシフェから数キロのところに位置しており、ブラジルの歴史地区がもっともよく保存されている街です。1982年からユネスコの世界遺産となっています。

ブラジル:知られざる観光スポット

シャパーダ・ジアマンチーナ

バイーア内陸部のサルバドールから西に500キロの位置にあるシャパーダ・ジアマンチーナは、自然の洞窟、滝、沼地、山々からなる小さな天国です。街は金の探鉱者によって建設されました。

レンソイス・マラニェンセス

レンソイス・マラニェンセス国立公園は、マラニェン州の壮大な砂漠地帯で、40メートルの高さの白砂と小さな淡水湖があります。

This post is also available in: 英語

banner
Close
GDPR
EU laws require that we request your consent to the use of cookies. We use cookies to ensure that our site works properly. Some of our advertising partners also collect data and use cookies to publish personalized ads.




Subscribe to our YOUTUBE channel: