Home / ヨーロッパ / イタリア / イタリアの気候:イタリア旅行のベストシーズン
Cala Goloritzè, サルデーニャ島、イタリア. Author Marco Ramerini

イタリアの気候:イタリア旅行のベストシーズン

イタリアは海に近い半島です。海の影響により、イタリアの領土の大半は地中海性気候に属しています。アルプス山脈の双璧は北ヨーロッパからの寒気の流入を妨げていますが、イタリア国内の海から離れた標高の高い地域には様々な微気候が存在します。

イタリアの気候が他の気候と非常に異なっているのは、長く狭く、ヨーロッパとアフリカ大陸の間に位置し、三方を海に囲まれたイタリアの領土の形状と組み合わさったイタリア半島の形状が原因です。鉱山地域の気候はヨーロッパ北部の典型的な気候のように適度な寒さをもつ気候です。アルプス山脈や高山性気候で、冬は非常に寒く、度々霧が発生し、夏は涼しくしばしば雨が降ります。アルプス山脈の標高3000メートル以上の高い地域ではツンドラ地帯と似た気候になります。

ポー渓谷のある平野、アペニン山脈、アドリア海沿岸、モリーゼ州では適度な湿度があり、冬は大変寒く、夏は暑い気候となります。ポー渓谷の気候は、夏は暑く冬は寒く、しばしば霧が発生します。アペニン山脈はアルプス山脈よりも標高は低いものの、アルプス山脈と似た気候になります。

沿岸部の気候は展開的な地中海性気候で夏は暑く乾燥し、冬は温暖な気候になります。雨はよく降り、特に秋には洪水量は増えます。リグリア州のティレーノ、トスカーナ、ラツィオ、カンパニアの海岸は展開的な地中海性気候は、冬は温暖で夏は暑く乾燥し、雨は春と秋に集中して降ります。イタリア南部は夏が暑く乾燥する地中海性気候を特徴としていますが、シチリア、サルデーニャ島の一部では気候は砂漠性気候もしくは亜熱帯気候に似ています。

Barberino Val d'Elsa, Chianti, Tuscany, Italy. Author and Copyright Marco Ramerini

バルベリーノヴァルデルザ、キャンティ、トスカーナ州、イタリア. Author Marco Ramerini

イタリア旅行のベストシーズン

イタリア国内に様々な気候があるため、年間を通してイタリアを訪れることができます。沿岸部への旅行には6月から9月が最適です。アルプス山脈、アペニノ山脈でスポーツを楽しみたい方には12月から3月がお勧めです。イタリアの芸術都市を訪れたい方には3月から6月、9月から10月がよいでしょう。

全般的に3月から10月は、イタリア半島は温かく適温で気候もよい季節です。イタリア最南端は、冬でも快適に過ごせます。

イタリア旅行に最適なのは、イタリア全国の気温が温暖で天気のよい4月から6月の間です。この時期は、風景が美しくなるため、快適な気候と天気を利用して、様々な都市を訪れることができます。

イタリア北部の気候

イタリア南部の気候

This post is also available in: 英語 アラビア語 簡体中国語 繁体中国語 チェコ語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 トルコ語

banner
Close
GDPR
EU laws require that we request your consent to the use of cookies. We use cookies to ensure that our site works properly. Some of our advertising partners also collect data and use cookies to publish personalized ads.




Subscribe to our YOUTUBE channel: