Home / ヨーロッパ / ポルトガル / ポルトガルの観光地:ポルトガルの見どころ

ポルトガルの観光地:ポルトガルの見どころ

ポルトガルは歴史豊かな国で、かつてポルトガルがアジアの香辛料の貿易を支配し、商業的、軍事的支配をブラジル、アフリカ沿岸、アジアにまで伸ばしていた頃、新大陸発見の黄金時代がありました。

ポルトガルの芸術は、ポルトガルの兵士や商人のアジア、アラビア、アフリカの人々との接触に強い影響を受けています。これは特に16世紀のポルトガルで主流であったマヌエル様式で明らかで、この様式はトマールのキリスト教修道院、バターリャ修道院、ベレンの塔、リスボンのジェロニモス修道院、シントラ宮殿を見てもはっきりと見てとれます。

ポルトガルで最も美しい都市の1つにポルトガルの首都リスボンがあります。ここには国際都市の雰囲気とヨーロッパの大きな首都に典型的な記念碑性があります。かつてのポルトガルの大きさを思い出させるこの都市には多くの記念碑、博物館、特徴的な観光スポットがあります。心行くまで滞在する価値のある都市です。

ポルトの史跡は世界遺産に登録されていますが、ポルト市には多くの魅力と重要な記念碑があります。近郊のヴァレ・ド・ドウロワイン生産地域は、非常に景観が美しく、ユネスコの世界遺産にも登録されており、見逃してはならないスポットの1つです。

ポルトガルは砦や中世の城がある歴史的都市が多い国です。そのような都市にはコインブラと大学、エヴォラ、ブラガ、ギマラインス、エルヴァスや、オービドスのような実質的に手つかずの村、アルコバサのような中世の修道院、ファティマのような世界的に有名なキリスト教徒の巡礼地があります。

ポルトガルの海水浴場という観点から見た最も人気のあるスポットは延々と続くビーチと断崖があるアルガルヴェの海岸があります。この海岸沿いにアルヴフェイラ、ラゴス、プライア・ダ・ロッシャ、ポルティマンのようなよく知られたビーチがあり、タヴィラ、サグレス、ラゴス、シルヴェス、オリョン、ファロのような中世の古い街もあります。

アルガルヴェにはプライア・ドナ・アナのような非常に景観の美しい海岸エリアが含まれています。またラゴスの近くのポンタ・ダ・ピエダッド、アルガルヴェとアレンテージョ西岸沿いには、ポルトガル南西部のサン・ヴィセンテ、アレンテージョ南西・ヴィセンティーナ海岸自然公園があります。

マデイラ島は気候がよく素晴らしい景観に囲まれた優雅で洗練された観光地で、熱帯植物が生えています。マデイラ島は起伏が激しく、山が多く海岸線には岩場が多くあります。島の3分の2は自然公園によって保護されています。マデイラ島の照葉樹林はユネスコの世界遺産に登録されています。延々9キロに亘るすばらしい砂浜で有名です。

大西洋に浮かぶ半島アゾレス諸島は木々の茂った火山島で、素晴らしい自然景観が楽しめます。ピコ島のブドウ畑の景観はユネスコ世界遺産に登録されています。半島の島々の海岸を散策する人にとっては天国のような島です。4月から10月にはクジラを見ることもできます。アゾレス諸島で最も歴史のある美しいしはアングラ・ド・エロイズモで、ユネスコの世界遺産に登録されています。

宿泊施設、アパート、B&B、ホテル

Booking.com

This post is also available in: 英語