• ポルトガルの気候:ポルトガル旅行のベストシーズン

    ポルトガルの気候は地中海性気候です。大西洋があるために比較的湿度が高くなります。秋と冬、雨がよく降ります。標高、緯度、海からの近さなどによって、地域ごとに気候は大きく異なります。特にアルガルヴェのよう...

  • ポルトガルの観光地:ポルトガルの見どころ

    ポルトガルは歴史豊かな国で、かつてポルトガルがアジアの香辛料の貿易を支配し、商業的、軍事的支配をブラジル、アフリカ沿岸、アジアにまで伸ばしていた頃、新大陸発見の黄金時代がありました。 ポルトガルの芸術...

  • イギリスの観光地:イギリスの見どころ

    世界中の旅行者がイギリスに訪れるため、観光はイギリス経済にとって重要な財源となっています。かつて史上最大の植民地帝国であったイギリスは、文化と言語によりその証拠を世界中に残しており、現在、ヨーロッパ大...

  • イギリスの気候:イギリス旅行のベストシーズン

    .イギリスの気象は海に強く影響を受け、特に大西洋の影響を受けます。メキシコ湾流が流れてくるため、北に位置しているにもかかわらず、比較的温暖な気候となります。 イギリスの島は、温暖で常に湿度が高い、一種...

  • サルデーニャの気候:サルデーニャ旅行のベストシーズン

    サルデーニャの気候は、1年を通じて温暖で冬が短い、典型的な地中海性気候です。寒い季節は北東から吹くミストラルのように風に湿度があり、春・夏はアフリカから来る風により暑く乾燥します。 この地域の北東部は...

ポルトガルの気候:ポルトガル旅行のベストシーズン

ポルトガルの気候は地中海性気候です。大西洋があるために比較的湿度が高くなります。秋と冬、雨がよく降ります。標高、緯度、海からの近さなどによって、地域ごとに気候は大きく異なります。特にアルガルヴェのような海に近いところでは冬でも温暖な気候となります。 ポルトガル北部は海から大きな影響を受けています。この地域の気候は地中海性気候に近く、冬は非常に寒く、雪が降ることもあります。アルガルヴェ、アレンテージョのような南の地域では夏は非常に暑くなります。気候は地中海性亜熱帯気候で、内陸部は非常に乾燥し暑く、沿岸部では適度な暑さになります。 ポルトガル北部のドウロ、ミーニョ、トラス・オス・モンテス、特にトラス・オス・モンテスでは全般的に他の地域より寒くなります。冬は厳しい寒さとなりますが、ヨーロッパの他の地域に比べればまだ温暖な方です。 夏は特に内陸部(北東部のトラス・オス・モンテス)では暑く乾燥します。アルガルヴェでは夏にはほとんど雨は降らず、潮風が暑さを緩和してくれます。春と夏はよく晴れ、気温は7月から8月にかけて非常に高くなります。 海からの影響により沿岸部では耐えられる気候ですが、秋でも、暑く晴れた日もあります。最も湿度の高い月は11月から3月です。 リスボンの気候は暑く、春から夏にかけて天気がよく、気温はしばしば30度に達します。冬は雨がよく降り風が強く、冬の平均気温は10度くらいになります。 ポルトガル旅行のベストシーズン ポルトガル旅行に最適なシーズンは春の4月から6月の間と、9月、10月です。夏の間は非常に暑くなりますが、アルガルヴェ海岸で過ごしたい人にとっては最適でしょう。 ポルトガルの気候テーブル リスボン (77 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 8,6 14,3 99,9  15 2月 9,1 15,9 84,9  15 3月 10,9 18,6 53,2  13 4月 12,0 20,0 68,1  12 5月 ...

Read More »

ポルトガルの観光地:ポルトガルの見どころ

ポルトガルは歴史豊かな国で、かつてポルトガルがアジアの香辛料の貿易を支配し、商業的、軍事的支配をブラジル、アフリカ沿岸、アジアにまで伸ばしていた頃、新大陸発見の黄金時代がありました。 ポルトガルの芸術は、ポルトガルの兵士や商人のアジア、アラビア、アフリカの人々との接触に強い影響を受けています。これは特に16世紀のポルトガルで主流であったマヌエル様式で明らかで、この様式はトマールのキリスト教修道院、バターリャ修道院、ベレンの塔、リスボンのジェロニモス修道院、シントラ宮殿を見てもはっきりと見てとれます。 ポルトガルで最も美しい都市の1つにポルトガルの首都リスボンがあります。ここには国際都市の雰囲気とヨーロッパの大きな首都に典型的な記念碑性があります。かつてのポルトガルの大きさを思い出させるこの都市には多くの記念碑、博物館、特徴的な観光スポットがあります。心行くまで滞在する価値のある都市です。 ポルトの史跡は世界遺産に登録されていますが、ポルト市には多くの魅力と重要な記念碑があります。近郊のヴァレ・ド・ドウロワイン生産地域は、非常に景観が美しく、ユネスコの世界遺産にも登録されており、見逃してはならないスポットの1つです。 ポルトガルは砦や中世の城がある歴史的都市が多い国です。そのような都市にはコインブラと大学、エヴォラ、ブラガ、ギマラインス、エルヴァスや、オービドスのような実質的に手つかずの村、アルコバサのような中世の修道院、ファティマのような世界的に有名なキリスト教徒の巡礼地があります。 ポルトガルの海水浴場という観点から見た最も人気のあるスポットは延々と続くビーチと断崖があるアルガルヴェの海岸があります。この海岸沿いにアルヴフェイラ、ラゴス、プライア・ダ・ロッシャ、ポルティマンのようなよく知られたビーチがあり、タヴィラ、サグレス、ラゴス、シルヴェス、オリョン、ファロのような中世の古い街もあります。 アルガルヴェにはプライア・ドナ・アナのような非常に景観の美しい海岸エリアが含まれています。またラゴスの近くのポンタ・ダ・ピエダッド、アルガルヴェとアレンテージョ西岸沿いには、ポルトガル南西部のサン・ヴィセンテ、アレンテージョ南西・ヴィセンティーナ海岸自然公園があります。 マデイラ島は気候がよく素晴らしい景観に囲まれた優雅で洗練された観光地で、熱帯植物が生えています。マデイラ島は起伏が激しく、山が多く海岸線には岩場が多くあります。島の3分の2は自然公園によって保護されています。マデイラ島の照葉樹林はユネスコの世界遺産に登録されています。延々9キロに亘るすばらしい砂浜で有名です。 大西洋に浮かぶ半島アゾレス諸島は木々の茂った火山島で、素晴らしい自然景観が楽しめます。ピコ島のブドウ畑の景観はユネスコ世界遺産に登録されています。半島の島々の海岸を散策する人にとっては天国のような島です。4月から10月にはクジラを見ることもできます。アゾレス諸島で最も歴史のある美しいしはアングラ・ド・エロイズモで、ユネスコの世界遺産に登録されています。

Read More »

イギリスの観光地:イギリスの見どころ

世界中の旅行者がイギリスに訪れるため、観光はイギリス経済にとって重要な財源となっています。かつて史上最大の植民地帝国であったイギリスは、文化と言語によりその証拠を世界中に残しており、現在、ヨーロッパ大陸で最も観光客が訪れる重要な観光地となっています。 .国際都市で、国際金融の中心地であるロンドンはイギリス観光の主な目的地で、ウェストミンスター寺院、ロンドン塔、バッキンガム宮殿などのゴシック建築から現代建築に至るまでの全ての時代にわたる有名な建造物、英国博物館、ナショナル・ギャラリーなどの国際的博物館、世界的レベルの公園、庭園、文化施設などがあります。 他の優れた観光地は、スコットランドのエディンバラです。エディンバラはロンドンに次いで、ウィンザー城、オクスフォード、バース、カンタベリー、ストーンヘンジやハドリアヌスの長城などの、全国の多くの城や博物館、先史時代や有史時代の多くの史跡と並ぶイギリスの重要な観光地です。 ウェールズは、その自然の特徴があまり知られていない非常に美しいところで、手つかずの海岸の景観、ビーチ、険しい山々、多くの城があります。スコットランドには小さな漁村、城、巨大な湖、無数の島や美しい自然景観があります。スコットランド高地は先史時代の怪獣が住んでいるとされるネス湖と結び付けられており、エディンバラ市はスコットランド旅行の主要な目的地です。イギリスの自然は15の国立公園と多くの保護区によって保護されています。

Read More »

イギリスの気候:イギリス旅行のベストシーズン

.イギリスの気象は海に強く影響を受け、特に大西洋の影響を受けます。メキシコ湾流が流れてくるため、北に位置しているにもかかわらず、比較的温暖な気候となります。 イギリスの島は、温暖で常に湿度が高い、一種の海洋性気候により特徴づけられます。しばしば霧が発生しますが、風も頻繁に吹きます。夏は涼しく暑くなることは稀です。コーンウォールはイギリスの1つの州で、気候は快適です。一方イギリス北部とスコットランドの冬は全般的に寒さが厳しく雪が降ります。 メキシコ湾流の恩恵を受けている西部よりも東部は寒く冬の気温になり、北海に面するグレートブリテンの東部全域の1月の平均気温は3度から4度です。一方、グレートブリテン西部ではスコットランド西海岸の平均気温が4.5度、コーンウォールの平均気温が6.5度となります。7月の平均気温はイギリス南部とロンドン周辺が16.5度、スコットランド北部が13度です。 降水量は大変高くなりますが、毎月同じ量だけ降ります。東海岸は西海岸より乾燥しています。イギリスで最も乾燥しているのは南東部、特にイースト・アングリアで、年間降水量が500ミリ以下です。ロンドンのエリアはそれほど雨が多く降りません。ロンドン市内の年間平均降水量は700ミリです。一方、スコットランドのエディンバラの年間降水量は800ミリです。最も重要で雨が多い都市のひとつはウェールズ地方のカーディフで、年間降水量が1200ミリ以上になります。イギリスで最も雨が多いのはウェールズ地方とスコットランド北東部の高地で、年間平均降水量は2000~5000ミリにもなります。 イギリス旅行のベストシーズン 4月から9月の春、夏がイギリス旅行に最適な季節です。この時期の気候は快適で、日が長く、日中は雨もそれほど頻繁に降りません。 イギリスの気候テーブル ロンドン (25 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 2,3 8,1 55,2  11,1 2月 2,1 8,4 40,9  8,5 3月 3,9 11,3 41,6  9,3 4月 5,5 14,2 43,7  9,1 5月 8,7 17,9 ...

Read More »

サルデーニャの気候:サルデーニャ旅行のベストシーズン

サルデーニャの気候は、1年を通じて温暖で冬が短い、典型的な地中海性気候です。寒い季節は北東から吹くミストラルのように風に湿度があり、春・夏はアフリカから来る風により暑く乾燥します。 この地域の北東部は雨が多く、南部は非常に乾燥しています。10月から2月は雨季となり、7月、8月は乾季となります。他の季節は雨がまばらに降ります。年間降水量は450~600ミリです。 サルデーニャ旅行のベストシーズン サルデーニャ旅行に最適な時期は4月から7月で、復活祭の頃から全島で花が開きます。サルデーニャ南部のビーチでは、年間を通して泳ぐことができます。海水浴のシ-ズンは5月から10月です。9月、10月も観光によい時期です。 ハイシーズンは6月から8月の間です。この期間、しばしば気温は38度を超えますが、島に頻繁に吹く潮風によってこの暑さをしのぐことができます。海水温は5月から10月半ばまで泳ぐのに適温となります。 サルデーニャ島の気候テーブル カリアリ(サルデーニャ島) (23 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量(mm) 平均降雨日数 1月 5,4 14,4 40,7 7 2月 5,5 15,0 40,4 6 3月 7,2 17,1 33,6 6 4月 9,4 19,5 42,2 7 5月 13,1 23,8 20,7 4 ...

Read More »

シチリアの気候:シチリア旅行のベストシーズン

シチリアは地中海性気候です。冬は温暖で湿度が高く、夏はシロッコと呼ばれる北アフリカから吹く熱く乾いた風のために暑く乾燥しており、ヨーロッパで最高の気候の1つです。 夏は長く暑く乾燥しています。春、秋も夏のように日照時間が長く、暑さが続きます。雨は秋・冬、特に10月から1月までよく降ります。降水量は島のエリアによって異なります。島の他のエリアの年間平均降水量は300~400ミリであるのに対し、全般的に北海岸の方が降水量が高く、年間平均降水量は700ミリです。 島の南部はさらに暑く乾燥しています。エトナ火山頂上には12月から4月まで雪が残っています。 シチリア海は5月半ばから11月の海水温が20度を過ぎる頃、海水浴に最適となります。8月海水温は27度に達します。 シチリア旅行のベストシーズン 過ごしやすい地中海性気候のおかげで、年間を通して快適なシチリア旅行が楽しめますが、シチリア島旅行に最適なのは4月、5月、6月、9月です。 シチリア島の気候テーブル パレルモ (34 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 10,2 14,8 71,6 10 2月 10,1 15,1 75,4 10 3月 10,9 16,1 59,5 9 4月 12,9 18,4 44,1 6 5月 16,0 ...

Read More »

ヴェネツィアの気候:ヴェネツィア旅行のベストシーズン

ヴェネツィアの気候は地中海性気候と大陸性気候の複合気候です。海の影響で、夏と冬の寒暖が緩和されます。また大陸性気候のため、実質的な乾季はありません。 ヴェネツィアでは年間を通して雨が一様に降り、降水量は常に54ミリを超えます。年間降水量は800~850ミリです。 ヴェネツィアでは7月から8月にかけては非常に暑くなりますが、これ以外の月はこれほど暑くはありません。ただし、ヴェネツィアはアドリア海に面しているため、しばしば急に雨が降ることに注意する必要があります。1年に雨が降る日は78日で年間日照時間は2000時間以上です。 冬は霜や霧はいつも発生します。ヴェネツィアでは1年に61日霧が発生し、53日霜が降り、11月から2月に集中しています。冬の間は雪は頻繁に降りますが、地面に雪が残るのは数時間程度です。 ヴェネツィアは冬の間、特に11月から2月の間高潮に浸水する可能性があります。 ヴェネツィア旅行のベストシーズン 春と秋は気候がよく快適です。ヴェネツィアの4月と10月はハイシーズンとなります。1年のうちでヴェネツィア旅行に最適なのは3月末から5月と、9月、10月です。 ヴェネツィアの気候テーブル ヴェネツィア (6 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量(mm) 平均降雨日数 1月 -0,1 6,6 47,0 6 2月 0,8 8,6 48,3 5 3月 4,1 12,5 48,8 6 4月 7,8 16,1 70,0 8 5月 12,7 21,5 ...

Read More »

ローマの気候:ローマ旅行のべストシーズン

ローマは地中海性の暑い気候で、特に春と秋にローマを訪れると快適です。7月、8月はしばしば非常に暑くなり汗をかきます。全般的に7月、8月には気温は正午には35度を超え、40度に達することもあります。 冬の間はあまり混雑することなく、市内の多くの観光スポットを快適に見て回ることができます。天気は雨が降ることが多くなりますが気温はあまり低くはなりません。年間を通して豪雨に見舞われることがありますが、最もよく雨が降るのは秋冬の10月から1月の間です。年間平均降水量は800~850ミリです。 ローマでは1年に70日雨が降り、10月から4月の間に集中しています。最も雨がよく降る月は10月と11月です。ローマは1か月に8から10日雨が降り、最も乾燥する月は7月で、雨が降るのは平均わずか2日です。 冬の間は霜が降りることがありますが、ローマで霜が降りるのは1年に13日程度です。霧は1年に40日発生し、年間日照時間は2470時間です。ローマで雪が降るのは稀です。 ローマ旅行のベストシーズン ローマを訪れるのに最適な時期は春(4月から6月)、または青空が広がりまだ暑さが残っている9月です。 ローマの気候テーブル ローマ (24 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 2,1 12,6 69,5  8 2月 2,7 14,0 75,8  7 3月 4,3 16,5 59,0  8 4月 6,8 18,9 76,2  9 5月 10,8 23,9 ...

Read More »

ミラノの気候:ミラノ旅行のベストシーズン

ミラノ市の気候は大陸性気候です。全般的に冬は寒く湿度が高く、夏は非常に暑く湿度が高く、7月、8月は気温は30度を超えることがしばしばあります。冬は12月から2月に最低気温が零度になります。霧は秋冬にはよく見られる現象です。これは、ミラノのある地域は大気の循環が活発でないという特徴によるものです。 湿度は年間を辻手非常に高く、年間降水量は1000ミリです。最も雨の多い季節は春と秋です。1年に103日雨が降り、年間日照時間は1900時間以上に及びます。最も雨が多い月は10月、11月と5月です。最も乾燥する月は2月です。冬は最も乾燥する季節で雨は21日しか降らず、春と秋は最も雨が降る季節で、それぞれの季節に30日、28日雨が降ります。 ミラノでは冬の間には雪がよく降ります。1年に30~40センチの雪が降ります。また冬の間に雨が降り濃い霧が生じることがあります。雪が最もよく降る季節は12月、1月、2月です。 ミラノ旅行のベストシーズン ミラノを訪れるのに最適の時期は春の4月から6月と9月です。 ミラノの気候テーブル ミラノ (120 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 -0,9 5,9 58,7 6,7 2月 0,3 9,0 49,2 5,3 3月 3,8 14,3 65,0 6,7 4月 7,0 17,4 75,5 8,1 5月 11,6 22,3 95,5 ...

Read More »

フィレンツェの気候:フィレンツェ旅行のベストシーズン

フィレンツェは、夏は乾燥して暑く冬は寒い温暖な地中海性気候で、晩秋から初冬にかけて雨季になります。最も雨の多い月は10月から12月の間です。 春と秋は、日中は日差しが強く暑くなることがあるので、市街の散策を楽しむことができます。7月、8月は、さらに暑く乾燥します。この時期はフィレンツェ旅行に向いていません。この時期のフィレンツェはしばしばイタリアで最も暑く息苦しい都市の1つとなります。 秋はフィレンツェで最も雨が多く、特に晩秋(11月)は強い雨が何日も続くことがあります。年間降水量は非常に少なく、1年に雨の降る日は92日です。 1年に41日は霜が降ります。霜が降りる時期は11月から3月です。市内で雪が降ることは稀で、多くても1年に1~2度程度です。 フィレンツェ旅行のベストシーズン 春と初秋がフィレンツェ旅行の最適のシーズンです。特に4月から7月と9月が最適な月です。旅行者で混雑していない寒い冬の間も、天気がよいことが多いため、フィレンツェ旅行にはよい時期です。 フィレンツェの気候テーブル フィレンツェ (50 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量(mm) 平均降雨日数 1月 1,4 10,1 73,1 9 2月 2,8 12,0 69,2 8 3月 4,9 15,0 80,1 9 4月 7,7 18,8 77,5 9 5月 11,3 23,4 72,6 ...

Read More »

イタリアの観光地:イタリアの見どころ

イタリアには長い歴史をもつ国で、何千年もの文明が育んできた地には芸術作品や歴史的建造物が豊富にあります。イタリアはローマ文明、エトルリア文明ばかりでなく、市民文化、ヒューマニズム、ルネッサンスの発祥の地でもあります。 イタリアは芸術作品の宝庫で、国自体が各都市や村に広く拡散する野外博物館であると言えます。イタリアではどのような小さい街でも、古い芸術作品、教会、建造物などが野外の道路沿いや広場などにあります。 イタリアの特異な点は、芸術作品が国の隅々にまで拡散しているため、そのよう主な美しく人々から賞賛される観光地を野外(や室内)に見出せる可能性にあります。その証拠に、イタリアは世界一のユネスコの世界遺産リスト登録数を誇っています。 芸術の三大都市ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアは美術で有名な都市で、行くだけでも価値があります。この三大都市の影に隠れて、あまり目立たなくなっている都市もありますが、ピザ、ラヴェンナ、ナポリ、ヴェローナ、ヴィチェンツァ、ルッカ、フェラーラ、ペルージャ、パレルモ、ベルガモ、ボローニャ、パヴィーアなど、他の国から見れば錚々たるたくさんの都市があります。街としての人気はそれほどないにもかかわらず非常に美しい街として、サン・ジミジャーノ、アッシジ、ウルビーノ、グッビオ、オルヴェート、シラクサ、スポレート、マテーラ、コルトーナ、チヴィダーレ・デル・フルウーリ、ヴォルテッラ、ピエンツァ、トーディ、スペッロ、ロレートのような都市があります。 また多くの遺跡があり、世界的に関心を惹きつけています。有史以前の遺跡はイタリアの各地にありますが、最も興味深いのはヴァル・カモニカ(カモニカ渓谷)、ガルダ湖、モン・ベゴなどの遺跡で、数千の有史以前の岩絵を見ることが出来ます。またサルデーニャのサルジカ文明の史跡も興味深いスポットの1つです。 太古史に関しては、イタリア南部には、ギリシャ植民地時代に遡る重要な遺跡があります。最も重要なものはシチリア(アグリジェント、セリヌンテ、セジェスタ、シラクサ)とカンパニア(パエストゥム)にあります。トスカーナ、ラツィオ、ウンブリアでは、ヴィエ・カーヴェのような墓地のエトルリア文明の遺跡を見るとよいでしょう。 ローマ帝国時代はイタリア各地に大きな財産を残しました。ローマ帝国の首都であったローマは全ての中枢でしたが、ローマ近郊にも、オスティア・アンティカ、ティボリのヴィッラ・アドリアーナなど一見に値する印象的なローマ帝国の遺跡があります。ローマ以外の地域には、有名なものを挙げるだけでも、カンパニア(ポンペイ、ヘルクラネウム、オプロンティス)、シチリア(ピアッツァ・アルメリーナ、ティンダリ)、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア(アクイレイア)、ヴェネト(ヴェローナ)、ヴァッレ・ダオスタ(アオスタ)など多くの遺跡があります。 イタリアの国土は多様性に富み、自然景観のあらゆる要素に満ちています。イタリアの自然は長い年月の間に人間によって深く変化を加えられていますが、自然と人間の融合により、トスカーナのキャンティの丘、ヴァル・ドルチャ、ピエモンテのロエロ、モンフェラート、リグリアのチンクエ・テッレなどのすばらしい景観となっています。 ただし、イタリア半島にも手つかずの多くの天然資源があります。アルプス山脈の標高4000メートル以上の自然は国立公園として保護され、奇異で壮大なドロミーティーのようにユネスコの世界遺産リストに加えられている場所もあります。イタリアの南北に連なるアペニン山脈は低く優美な山です。イタリアには、ヨーロッパ最大の火山であるエトナや破壊力のあるヴェスヴィオのような火山もあります。 天然資源は山に限らず、それぞれの地理的資源にも見るべきものがあります。美しい景観で有名なのはコモ湖、ガルダ湖、イゼーオ湖、マジョーレ湖のようなイタリア北部の大きな湖です。トスカーナ、ピエモンテ、ヴェネト、ウンブリア、マルケなどの勾配の際しい山岳地帯や田園地帯の景観は大変魅力的です。また鍾乳石や石筍で出来た素晴らしい自然を含む地下の洞窟もあります。有名な洞窟には、プッリャのカステリャーナ洞窟、トスカーナのベント洞窟、リグリアのトイラノ洞窟、マルケのフラサッスィ洞窟などがあります。 何千キロも連なる海岸はイタリアを訪れる旅行者に人気の観光地になっています。アドリア海沿岸(リミニ、リッチョーネ)、ヴェルシリア(フォルテ・デイ・マルミ、ヴィアレッジョ)などにある有名な海水浴場があります。サルデーニャ海岸沿いにあるマレス・ド・スール、岩場の多い手つかずの海岸(チレント、ガルガノ、チンクエ・テッレ、アマルフィ)、延々と続く黄金の砂浜、人気の島と海水浴場(ポルトフィーノ、カプリ、イスキア島、アマルフィ、タオルミーナ、ポルトヴェーレ、ポジターノ)、エオリア諸島、エーガディ諸島、トスカーナ群島のような群島があります。 イタリアへの旅行中は地元の伝統や文化、伝統工芸、言語、民間伝承、食事やワインにも注意を払うべきでしょう。イタリアには代々受け継がれた世界で類を見ないほどの食事とワインがあります。イタリアの各地域には郷土料理やその調理法、ワイン、オリーブオイル、サラミ、特産物があります。

Read More »

イタリア南部の気候:イタリア南部旅行のベストシーズン

イタリア南部は、冬は温暖で雨が多く夏は暑く乾燥するという典型的な地中海性気候を特徴としています。アペニン山脈沿いの地域のみ大陸性気候となり、標高の高い山間部の冬は寒く雪が降り、夏は温暖な気候となります。 ティレニア海沿いは地中海性気候です。夏は長く暑く非常に乾燥していますが、南へ行くと夏中さらに乾燥しています。イタリア南部の海岸一帯の気温は7月には25度を超えます。 イタリア南部の最も乾燥した地域は、シチリア半島とサルデーニャ島の南で、年間降水量は300ミリにも及びません。全般的に年間降水量は500~600ミリで、春、秋、冬に降ります。冬季は、アペニン山脈標高1500メートル以上の地域では雪が降ります。 イタリア南部旅行のベストシーズン そのため温暖な気候の南イタリアの旅は実用的な簡単にすべての年です。絶対に今年のベストタイムは、中間期、すなわち春と秋です。最善ヶ月、4月から6月と9月から10月までである。夏の真ん中ヶ月は海に滞在したい方に最適です。 ローマの気候。 ナポリ気候。 サルデーニャ島の気候。 シチリア島の気候。 南イタリアの気候テーブル ローマ (24 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 2,1 12,6 69,5  8 2月 2,7 14,0 75,8  7 3月 4,3 16,5 59,0  8 4月 6,8 18,9 76,2  9 ...

Read More »

イタリア北部の気候:イタリア北部旅行のベストシーズン

イタリア北部には様々な気候があります。北イタリア最大の気候帯はポー川が流れるポー渓谷です。この一帯は大陸性気候の影響を強く受け、夏は暑く、冬は寒く大変雨が多くなります。冬季はポー渓谷には常に雪が降り、霜が降ります。 アルプス山脈、アペニン山脈などの山々では、冬は雪が多く気温が低く、夏は快適な気温で雨が多く降ります。 ティレニア海沿い、すなわちリグリアとトスカーナの海岸は、冬は温暖で夏は乾燥して暑い地中海性気候です。特に冬の間は東ヨーロッパからの風にさらされるアドリア海沿岸では寒さが厳しくなります。 アルプス山脈では雨が多く降り、年間降水量は1000ミリ以上となり、なかには年間降水量は2500ミリに達するところもあります。ポー川では西から東に向かうにつれて降水量が少なくなります。リグリア、トスカーナの山間部とエミリア・ローマニャでは降水量が多くなりますが、アペニン山脈の南に来ると、再び少なくなります。 イタリア北部旅行のベストシーズン 最善ヶ月イタリア北部を訪問する4月と9月の間ヶ月が暖かい天候や光の長い日によって特徴づけヶ月であり、。7月と8月は、時には非常に高温になっています, しかし、ビーチの休日のための素晴らしい。芸術のイタリアの都市を訪問する最もよいか月、4月と6月と9月と10月の間に、それらをである。 ミラノの気候 ヴェネツィアの気候 フィレンツェの気候 北イタリアの気候テーブル ミラノ (120 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 -0,9 5,9 58,7 6,7 2月 0,3 9,0 49,2 5,3 3月 3,8 14,3 65,0 6,7 4月 7,0 17,4 75,5 8,1 ...

Read More »

イタリアの気候:イタリア旅行のベストシーズン

イタリアは海に近い半島です。海の影響により、イタリアの領土の大半は地中海性気候に属しています。アルプス山脈の双璧は北ヨーロッパからの寒気の流入を妨げていますが、イタリア国内の海から離れた標高の高い地域には様々な微気候が存在します。 イタリアの気候が他の気候と非常に異なっているのは、長く狭く、ヨーロッパとアフリカ大陸の間に位置し、三方を海に囲まれたイタリアの領土の形状と組み合わさったイタリア半島の形状が原因です。鉱山地域の気候はヨーロッパ北部の典型的な気候のように適度な寒さをもつ気候です。アルプス山脈や高山性気候で、冬は非常に寒く、度々霧が発生し、夏は涼しくしばしば雨が降ります。アルプス山脈の標高3000メートル以上の高い地域ではツンドラ地帯と似た気候になります。 ポー渓谷のある平野、アペニン山脈、アドリア海沿岸、モリーゼ州では適度な湿度があり、冬は大変寒く、夏は暑い気候となります。ポー渓谷の気候は、夏は暑く冬は寒く、しばしば霧が発生します。アペニン山脈はアルプス山脈よりも標高は低いものの、アルプス山脈と似た気候になります。 沿岸部の気候は展開的な地中海性気候で夏は暑く乾燥し、冬は温暖な気候になります。雨はよく降り、特に秋には洪水量は増えます。リグリア州のティレーノ、トスカーナ、ラツィオ、カンパニアの海岸は展開的な地中海性気候は、冬は温暖で夏は暑く乾燥し、雨は春と秋に集中して降ります。イタリア南部は夏が暑く乾燥する地中海性気候を特徴としていますが、シチリア、サルデーニャ島の一部では気候は砂漠性気候もしくは亜熱帯気候に似ています。 イタリア旅行のベストシーズン イタリア国内に様々な気候があるため、年間を通してイタリアを訪れることができます。沿岸部への旅行には6月から9月が最適です。アルプス山脈、アペニノ山脈でスポーツを楽しみたい方には12月から3月がお勧めです。イタリアの芸術都市を訪れたい方には3月から6月、9月から10月がよいでしょう。 全般的に3月から10月は、イタリア半島は温かく適温で気候もよい季節です。イタリア最南端は、冬でも快適に過ごせます。 イタリア旅行に最適なのは、イタリア全国の気温が温暖で天気のよい4月から6月の間です。この時期は、風景が美しくなるため、快適な気候と天気を利用して、様々な都市を訪れることができます。 イタリア北部の気候 イタリア南部の気候

Read More »

ギリシャの観光地:ギリシャの見どころ

ギリシャは古代文明の発祥地です。ギリシャを訪れる旅行者は、ギリシャの歴史、特にアテネやパルテノンのアクロポリスが反映された美しい建造物や、豪奢なクノッソス宮殿、ファイストス宮殿などのミノア文明の史跡、絵に描いたようなライオンの門、ティリンス、ティーヴァなどのミケーネ文明の史跡を常に訪れます。 オリンピア、デルポイ、デロス島などのギリシャの神々の古代神殿は、世界中の旅行者を魅了しているエピダウロス劇場のような古代の記念建造物と共に、すばらしい考古学的観光スポットです。ギリシャには、ローマ人からビザンティン人、トルコ人、ヴェネツィア人にいたるまでの、ギリシャを征服した様々な民族の史跡があります。 ビザンティン芸術はギリシャ旅行のもう1つの見どころです。最も素晴らしいスポットはマケドニアの中でも特にテッサロニキ、カストリア、ペロポネソス半島で、一番面白いのはミストラス市のモレアス専制公領の史跡ですが、他にもいろいろな興味深い観光スポットがあります。中央ギリシャで訪れるべき場所は、自然が作り上げたすばらしい芸術であるメテオラで、現在ギリシャの象徴の1つとなっています。 ギリシャの沿岸部やすべての島にあるヴェネツィア様式の城や砦は、ペロポネソス半島やクレタ島の海岸で発見された最も美しいギリシャの史跡の一部です。またオスマン帝国が支配していた頃の史跡もあります。ギリシャの他の興味深いスポットはハルキディキ半島東にあるアトス山です。 ギリシャは、この国を比類のない国にしている、数百の島々が美しい海で知られています。西部には緑の美しいイオニア諸島があり、市内の史跡や街を見下ろす砦にもベネチア様式の影響がありありと窺えます。 大半の島が浮かぶエーゲ海にはキクラデス諸島があります。なかでも有名なのはミコノス島とサントリーニ島で、世俗的な楽しみや抑制のきかない娯楽があります。トルコ沿岸には、第二次世界大戦までイタリア領であったドデカネス諸島とロデス島があります。トルコ海岸沖の北には、かつてジェノヴァ人が所有していたレスボス島、ヒオス島、サモス島があります。エーゲ海南端にあり、多くのミノア文明の史跡が残るクレタ島があります。

Read More »

ギリシャの気候:ギリシャ旅行のベストシーズン

ギリシャは地中海東に位置します。そのため、非常に乾燥した暑い夏と温暖で雨の多い冬という典型的な地中海性気候となっています。特にキクラデス諸島で強く吹く「メテルミ」と呼ばれるギリシャの島々に典型的な風が絶えず吹くため、夏の暑さが緩和されます。 冬は、沿岸部と半島では温暖ですが、内陸部や山間部では寒くなります。雨は秋と冬に集中しています。夏は乾燥して非常に暑く、気温はしばしば30度を超えます。 最も暑い時期は7月末から8月初めにかけてで、最高気温は29~35度に達します。このような暑さは、海岸からの涼しい潮風や、主にエーゲ海から吹く北風によって緩和されます。 雨は、得に10月から12月までの間、ギリシャ全土に降ります。小さな島々では雨量は非常に少なく、特にキクラデス諸島では、年間降水量は400ミリに満たないほどです。一方、他の島々の降水量は500~800ミリですが、クレタ島西部の山間部の年間降水量は1200ミリ以上になります。 ギリシャ東部の年間降水量は500~800ミリですが、アテネの平均年間降水量はわずか400ミリです。ギリシャ本土の西側、ペロポネソス半島の西側、イオス島での雨量はより多くなり、年間降水量は800~1200ミリです。一方、イピロス、ピンドスのような山々では年間降水量が1600ミリを超えます。 ギリシャ海水温度は、冬の数ヶ月で17℃の間で変化し、8月中に27℃の温度で到着する。 ギリシャ旅行のベストシーズン ギリシャ旅行に最適なシーズンは春(4月~6月)と9月~11月の間です。7月、8月は非常に暑くなりますが、観光客に最も人気のあるシーズンです。 ギリシャの気候テーブル アテネ (110 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 6,8 13,3 56,9  12,6 2月 6,8 13,9 46,7  10,4 3月 8,8 16,6 40,7  12,2 4月 11,7 20,0 30,8  8,1 5月 ...

Read More »

フランスの気候:フランス旅行のベストシーズン

フランスの気候は全般的に温暖です。大陸性気候、海洋性気候、地中海性気候の影響を受けているフランスには多様な気候が存在します。 フランスには海洋性、大陸性、地中海性という主に3種類の気候があります。 フランスの大部分は海洋性気候の影響を受けており、フランス南部のみ地中海性気候の影響を受けます。 フランスの海洋性気候 大西洋に面したフランス西部は海洋性気候の影響を受けています。この気候は気温の変化が少なく、雨量が大変多く、夏は涼しく冬は寒いという特徴があります。大西洋気候のこの地域の年間降水量は1000ミリで、1年中同じ程度の雨が降ります。 ノルマンディー:ノルマンディーは、1年の大変は湿度が高く雨が多い気候です。フランスで最も雨が多いルーアンは年中雨が降り、冬は寒い気候で、1年に120日間雨が降った記録もあります。ノルマンディーを訪れるのに最適な時期は、気候、気温共に快適な5月から9月の間です。 フランスの大陸性気候 .フランス中央部は大陸性気候の影響を受けています。夏は暑く冬は、大陸性気候の影響を受けて沿岸部よりも寒いという特徴があります。降水量は非常に多く、冬は常に雪が降ります。 パリの気候 フランスの地中海性気候 フランス南部の地方は地中海性気候の影響を受けており、夏は暑く雨が少なく、冬は雨が多いという特徴があります。 プロヴァンス:プロヴァンスは温暖な地中海性気候に恵まれ、夏は暑く乾燥し、気温は30度を超え、夜間は比較的涼しく気温は20~25度になります。冬でも比較的温暖で晴れた日が続きますが、時折激しい寒風ミストラルにより非常に寒くなることがあります。プロヴァンス旅行に最適なのは、気候、気温共に快適な4月から9月の間です。 コートダジュール:コートダジュールは典型的な地中海性気候で、冬は温暖で夏は暑く晴れています。夏の最高気温は30度を超えることは稀で、冬の気温は10~15度に保たれています。雨が多いのは9月から1月です。最も雨が多い月は10月で、ニースの年間平均降水量は800ミリです。1年のうち雨が降るのは63日のみです。 コルシカ:コルシカの沿岸部の気候は温暖で一種の地中海性気候ですが、内陸部の気候は海抜によって変化し、山間部は一種の高山気候となり、頻繁に雨が降り、冬は1.2~1.5メートルも雪が積もります。 フランスの高山気候 アルプス山脈、中央高地、ピレネー山脈の一帯は高山気候の影響を受け、山腹の降水量は多く、年間降水量は2000ミリに達します。ローヌ=アルプ地域圏の降水量は、フランスの大半の地域の降水量の2倍に及びます。 フランス旅行のベストシーズン フランス旅行に最適なシーズンは4月から9月の間で、この期間、気温は最も快適です。 フランスの気候テーブル パリ (40 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 2,7 7,2 53,7  10,2 2月 2,8 8,3 43,7  9,3 3月 ...

Read More »

フランスの観光地:フランスの見どころ

フランスは、見ておくべき様々な自然景観が豊かな国です。観光という点から見た中心地はフランスの首都パリで、美術館、独特のカルチェが多く、ナイトライフやショッピングを楽しみ文化を発見する多くの機会があります。 しかしフランスには歴史的都市、リゾート地、高山のスキー場、プロヴァンス、シャンパーニュ、コートダジュールのような波のうねる景観、ブルターヌの海岸やコルシカの内陸の山間部などの切り立った景観などのスポットもあります。 このような景観、歴史、文化の多様性によりフランスは世界で観光客が最も訪れる国の1つとなっています。 ビーチを好む旅行者にとってコルシカ島の手つかずのビーチやコートダジュールのリゾートは忘れられないものとなるでしょう。また荒々しい海が好きな旅行者にはブルターニュの切り立った断崖は理想の観光地です。 山の景観やのどかな田園風景を求めている旅行者のためにはアルプス山脈、ピレネー山脈ばかりでなく、火山、森林、渓谷のある中央高地はぜひ考慮に入れるべき観光スポットです。 フランス全土に点在しているローマ時代の史跡がある都市、とりわけプロヴァンスとローヌ渓谷も忘れてはなりません。ブドウ畑が広がる高級ワインの産地シャンパーニュやブルゴーニュの、壮大なゴチック様式の教会が聳える起伏の激しい景観も近隣のピカルディーの景観と共にお勧めです。その他、ワイン生産の長い伝統のある街としてアキテーニュがあり、特にボルドー、アルザス一帯が有名です。 フランス貴族の権力と富の象徴であったロワール渓谷の伝説のお城も、ノルマンディー海岸や有名なモン・サン=ミシェルの修道院と共に観光客がよく訪れる観光スポットです。 フランスにはユネスコの世界遺産に指定されている箇所が30カ所あります。ユネスコの世界遺産に登録されている39カ所のうちの35カ所が文化遺産で、3カ所が自然遺産、1カ所が文化遺産と自然遺産の複合遺産です。ユネスコの自然遺産のうち2つはフランスの自然遺産として登録されていますが、実際の位置はフランス領土であるニューカレドニアとレユニオンです。

Read More »

パリの気候:パリ旅行のベストシーズン

パリは海洋性気候と大陸性気候の中間の気候によって特徴づけられます。全般的にパリは夏は暑く冬は寒くなり、年間を通じて雨は至る所で降りますが、全般的に雨量は多くありません。 パリの冬は短く、温暖で、雨がよく降り、大西洋のしめった暑い風が吹いてきます。ただし、東風や北極からの風が吹くと、雪を伴う厳しい気候となり、最低気温は氷点下10度まで下がります。パリに雪が降るのは年に15日程度、凍結するのは1年に29日程度です。 夏の気候は非常に変わりやすく、最高気温が35度を超える暑く息苦しい日があるかと思えば、最高気温がわずか10度の風が強く雨が降る日もあります。 春と秋は全般的に快適で夜は寒くなります。春と秋は特に天気が突然変わりやすく、晴れているのに数時間後に雨が降る日もあります。 冬の最低気温は2~3度、最高気温は7~8度になります。夏の最高気温は22~25度で最低気温は13~15度です。 パリの雨は年間を通じて至る所で降ります。比較的乾燥しているのは2月から4月の間です。年間に111日は雨が降り年間降水量は640ミリをわずかに上回る程度です。パリの年間日照時間は1748時間です。 パリ旅行のベストシーズン 間違いなく、パリを訪れるのは春か秋が最適ですが、どの季節でも問題なくパリを訪れることができます。 パリの気候テーブル パリ (40 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 2,7 7,2 53,7  10,2 2月 2,8 8,3 43,7  9,3 3月 5,3 12,2 48,5  10,4 4月 7,3 15,6 53,0  9,4 5月 ...

Read More »

カナリアの気候:カナリア諸島旅行のベストシーズン

Fuerteventura, Canary Islands, Spain. Author Jose Mesa (Mataparda). Licensed under the Creative Commons Attribution

カナリア諸島は乾燥した温暖な亜熱帯気候で、昼夜の気温の差があまりなく、1年を通じて快適に過ごすことができます。最高気温は20~30度、最低気温は15~21度です。 雨に関しては、島の東部は半砂漠で、西に向かうにつれて雨が多くなります。各島が北東からの貿易風にさらされる程度によって、湿度が高く快適な気候と乾燥して暑い気候とに分かれます。 全ての島では冬は、ヨーロッパの春に似た温暖な気候で、最低気温が15度、最高気温は20度になります。冬の間はエル・イエロ島とラ・パルマ島はテネリフェやグラン・カナリアの北岸同様、他の島より若干寒くなります。テイデ火山の山頂には冬の間、多くの雪が積もります。 全ての島では夏はよく晴れます。雨はほとんど降らず年間平均降水量は100~550ミリです。雨が最もよく降るのは冬の12月から2月までです。 カナリア諸島旅行のベストシーズン カナリア諸島の気候は世界で最高の気候の1つです。そのため、1年を通してどの時期もカナリア諸島への旅行に最適です。 カナリア諸島の気候テーブル サンタクルスデテネリフェ (4 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 15,4 21,0 31,5  4,2 2月 15,3 21,2 35,4  3,8 3月 15,9 22,1 37,8  3,8 4月 16,5 22,7 11,6  2,4 5月 17,8 24,1 ...

Read More »

スペインの観光地:スペインの見どころ

スペインは世界で最も旅行者が訪れる国の1つです。スペインは、ヨーロッパ大陸で最も見事で魅力的な美術、歴史、言語、民間伝承、美しい自然の宝庫です。スペインには国の中央部に位置し、重要な記念碑やプラド美術館、ソフィア王妃芸術センターなどの世界的に重要な美術館がある首都マドリッドのように人を惹きつけてやまない都市があります。 もう1つの魅力的な都市はカタルーニャ州の州都で、スペイン産業のけん引役となっているバルセロナです。中世から現代までの記念碑、サグラダファミリア聖堂なで最もよく知られているアントニ・ガウディの作品群があるゴシック地区などをもつ国際都市です。 そのような都市の中でも観光事業が大きく発展しているのが、バレアレス諸島の向かい側にあるバレンシアです。文化の賢明な発展と歴史的遺産の評価によって、大変人気の高い観光地となっています。 スペインは観光を主な国家財源としている国です。温暖な気候、沿岸部や島々の美しさから、ここ数十年で人気の高い観光地、リゾート地となりました。観光の発展により、無理な開発計画が行なわれることのないよう、海岸のリゾート地では沿岸のエコシステムの保全に努めています。 なかでも最も人気のあるビーチが2つあります。1つは、サルデーニャ島とスペインの海岸沿いの間にある地中海に浮かぶバレアレス諸島。もう1つはモロッコ沿岸の大西洋の海に浮かぶカナリア諸島です。他の人気リゾート地、カタルーニャ州のコスタ・ブラヴァ、コスタ・ドウラダ、バレンシア州のコスタ・ブランカ、コスタ・デル・アサアール、アンダルシア州のコスラ・デル・ソル、コスタ・デ・ラ・ルス、コスタ・トロピカル、コスタ・デ・アルメリアなど地中海や大西洋に面したスペインの海岸に位置しています。 アンダルシアには他に3つの重要な観光地があります。セビリア、スペイン最後のイスラム王朝の宮殿があるグラナダ、そしてコルドバです。この地域には、この他にも、ユネスコの世界遺産に登録されているウベダトバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群や、ロンダやアルコス・デ・ラ・ブロンテーラなどの地方都市の特徴的なプエブロ・ブランコなど、大変興味深い小さな街があります。 スペイン北東部のガリシアは、サンティアゴ・デ・コンポステラのような人気の高い巡礼地があります。また、エストレマドゥーラ州にはメリダの重要な遺跡群やカセレスの中世都市があります。マドリッド近郊のアヴィラ、トレド、アルカラ・デ・エナーレス、セゴビアなどの重要な歴史都市や、ローマ時代の見事な水道教があるセゴビアの北サラマンカ、バリャドリッド、ブルゴス、ビルバオ、サラゴサなどを訪れるのもよいでしょう。 スペイン旅行中に見るべき自然や他のスポットとしては次のようなものがあります。ピレネー山脈、カンタブリア山、シエラネバダ山の景観はアルプスの景観にひけをとらないほど見事です。また、国立公園として自然が保護されているものに、カンタブリア山のピコ・デ・エウロパ、オルデサ国立公園、モンテ・ペルディド国立公園、アンダルシアのシエラネバダ国立公園、カナリア諸島のテネリフェにあるテイデ国立公園があります。また、メセタ・セントラルの砂漠の景観はもう1つのスペインの地形を特徴づけるスポットです。アンダルシアにはドニャーナ国立公園として保護されている湿地帯があり、何百種類もの水鳥を観察することができます。

Read More »

スペインの気候:スペインに移動したとき

スペインの気候は主に、南部の地中海性気候、中央部の大陸性気候、北東部の海洋性気候の3つの気候に分かれます。 この3つの気候の他にスペインにはピレネー山脈頂上の高山性の性格をもつ気候や、ムルシア地方の半砂漠気候、カナリア諸島の半砂漠亜熱帯気候などがあります。 スペインの海洋性気候 海洋性気候はスペイン北部に特徴的な気候で、しばしば「エスパニャ・ベルデ」と称されます。この種の気候の影響を受ける地帯は、ピレネー山脈西からガリシア州沿岸までの一帯です。 気候は、冬は温暖で夏は暑いという特徴があります。雨は1年を通して至る所でよく降ります。 スペイン北部および北東部、特に大西洋沿岸はメキシコ湾流の影響を受け、温暖な気候となりますが、雲が多く湿度が高くなります。 雨による低気圧はしばしば沿岸沿いの深い霧となり、曇った日が多くなります。秋は雨季で、夏は晴れますが、スペインの他の地域よりも気温は低くなります。 気温は日中と夜間でほとんど差がなく、季節による変化がある程度です。海から距離があるため、雨は強くなく、東に向かうにつれて雨が強くなります。 ガリシアの気候:夏の最高気温は20~25度、冬の最高気温は10~12度となります。最低気温は夏が10~13度、冬が3~6度です。雨の多い季節は春、秋、冬です。雨は北東部から南東部へ行くにつれて降らなくなり、年間降水量は150ミリから100ミリへと減っていきます。 この地域を訪れるのに最適の時期は、暑く天気のよい6月から8月の間です。 スペインの大陸性気候 この種の気候はイベリア半島の大部分に影響を及ぼし、メセタ(メセタセントラル、中央台地)やエブロ川集水域が、その影響を受けています。 大陸性気候の地域では四季を通じて昼夜の気温差が激しいのが特徴です。また、不定期に少量の雨が降るのも特徴で、年間平均降水量は300~600ミリとなっています。メセタ北部やエブロ川流域では4月から6月、2度目は10月から11月の間にかけて雨季となります。メセタ南部一帯も2回の雨季がありますが、逆に10月の方が雨がよく降り、3月に降るのは短期間となります。メセタとスペイン中央部の大陸性気候は、夏が非常に暑く気温は上昇し、空気が乾燥します。冬は寒く風が強く、しばしば霜が降ります。春と秋は、よく雨量が増すことがあり、冬は雪が多く降ります。夏は昼夜の気温差が激しく、日中は30~40度もあるのに対し、夜間は10度にまで下がります。 カスティーリャの気候:カスティーリャ地方は大陸性気候で冬は寒く気温は夜間には氷点下8度まで下がり、霜が降り雪が降ることもあります。夏は非常に暑く、気温は7月、8月には24度を上回り、酒匂気温は35度を超えることもあります。降水量は非常に少なく、雨が最も降る月は10月から12月の間です。 スペインの地中海性気候 スペインの地中海製気候はピレネー山脈麓の沿岸部からアンダルシアにまで及びます。地中海性気候の地域では冬は温かく、夏は長く乾燥し、秋は雨が降り、春は過ごしやすい日が続きます。潮風が夏の暑さを和らげますが、最南端の地域は夏の間、北アフリカからの熱風の影響をうけます。冬の気温は沿岸部で約10~13度、アンダルシアの内陸部の地域では気温はそれよりやや低くなります。夏の気温は沿岸部では22~27度、内陸部では29~31度となります。 カタルーニャの気候:カタルーニャは年中温暖な気候に恵まれています。夏、気温が35度まで上がることがあると暑く息苦しくなりますが、夏の平均気温は約29度です。雨は9月から11月によく降ります。1年で最も寒いのは1月ですが概して冬は温暖です。 バレンシアの気候:バレンシアは冬が温暖な地中海性気候で、秋が雨季になります。年間降水量は450ミリほどで、9月から12月に降ります。バレンシアを訪れるには春と夏が最適です。 ムルシアの気候:アンダルシア地方の一部を含むこの一帯の気候は半砂漠で、夏は非常に暑く冬は寒くなります。雨はほとんど降らず、ガタ岬周辺では年間降水量は150ミリしかありません。ヨーロッパで最も乾燥した地域の1つです。 アンダルシアの気候:アンダルシアはヨーロッパで最も暑い地域の1つです。温暖な地中海性気候で、夏は暑く乾燥し、冬は温暖で不定期に雨が降ります。7月から8月は気温が上昇し、時には40度に達することもあります。沿岸部の気候は温暖ですが、内陸部では冬が厳しく夏は暑くなります。東部一帯は、西武よりも乾燥します。また山間部では、冬は曇りがちで雨が多くなります。アンダルシア旅行に最適なおは3月から6月、9月から11月の間です。 バレアレス諸島の気候:西地中海の中央部に位置するバレアレス諸島は、年中温暖な気候に恵まれています。降水量は10月、11月に最高に達します。年間平均降水量はわずか430ミリほどです。バレアレス諸島を訪れるのに最適な時期は5月から10月ですが、7月、8月がハイシーズンとなります。 カナリア諸島の気候 スペイン旅行のベストシーズン スペイン旅行に最適な時期は春と秋です。春の旅行に最適な地域は、カスティリャ、アンダルシア、地中海沿岸、バレアレス諸島です。夏は北部地方の旅行に最適で、特にカンタブリア海岸、ガリシア、サンティアゴ・デ・コンポステラの巡礼路への旅行に最適な時期です。秋はスペイン全国の旅行に最適な季節です。気候がよく、青空が広がり晴れています。冬は南北の山脈でウィンタースポーツを楽しむ絶好の機会です。 スペインの気候テーブル マドリード (667 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 2,7 9,8 33  6 ...

Read More »

ドイツの観光地:ドイツの見どころ

ドイツは、現代的な先進工業国で、第二次世界大戦で都市が破壊されたため、過去の歴史や芸術は残っていない国だと多くの人に思われがちです。 しかしドイツは注意深く手入れされ保護された伝統と自然が豊かで、古い町並みも大切に保存されており、博物館や先進的な文化センターがあります。要求の厳しい旅行者も、人間味のある街や芸術、歴史の豊かなすばらしい国を発見することでしょう。 ドイツには旅行者の旅を快適にする多くの点があります。そのような旅行を意義深いものにする理由の1つは。ベルリンやミュンヘンなどのように多くの宮殿、教会、博物館などがある美しい歴史的町並みです。ケルン、ニュルンブルグ、レーゲンスブルグ、ドレスデン、リューベック、マインツ他多くの都市も訪ねてみる価値のある街です。多くの観点の中でドイツへの旅行者を惹きつける1つはバイエルンのアルプス山脈の山の景観やお城が見えるライン渓谷の素晴らしい景観です。その中でも最も有名なのはラインシュタイン城です。 その他のドイツに出かける理由は、かの有名なクリスマスマーケットです。キリスト降臨節の数週間の間、ドイツの実質全ての街でクリスマスマーケットが開かれます。その他のイベントとしてビール祭りもあります。最も有名なのはミュンヘンのオクトーバーフェストです。 ドイツには多くの完璧に保存された中世の都市があるので一見する価値があります。その中には、ライン渓谷、ロマンティック街道、ドイツ・アルペン街道、バイエルン州のアルプスを通る道など有名な観光道路沿いにあるものもあります。なかでも、ローテンブルク・オプ・デア・タウバー、ディンケルスビュール、バイエルン州のミルテンベルク、ヘッセン州のミヒェルシュタットはぜひ訪れてみるべき市です。 ドイツの観光と芸術の質の高さと多様性を確認するものとして、ユネスコの世界遺産に登録された箇所は39カ所に上ります。そのうち、3つが自然遺産、36が歴史、芸術、文化遺産です。その中にはケルン、シュバイアー、ヒルデルスハイム、アクアエ・グラニ(アーヘン)のような古い大聖堂があります。また古いお城や邸宅にはブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト、ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群、ヴァルトブルグ城などがあります。ローマ帝国時代の印象的で示唆に富む史跡として、トリーアのローマ遺跡群があります。また歴史都市として、ハンザ同盟都市リューベック、シュトラルズントおよびヴィスマールの歴史地区、ゴスラー、バンベルク、クヴェードリンブルク、ワイマール、ブレーメン、レーゲンスブルクの歴史地区、およびドイツの首都ベルリンの公園、博物館があります。

Read More »

ドイツの気候:ドイツ旅行のベストシーズン

ドイツは圧倒的に平野が多い国です。山が少ないため、ドイツの気候は大西洋の影響を受けており、季節の変化や季節による雨量の変化が少ないという特徴があります。 ドイツの気候地域は、様々な地域に分かれます。北海沿いの北西部は海洋性気候で、温暖で雨がよく降ります。バルト海沿いの最北端も常に海洋性気候ですが、より寒く降水量は少なくなります。 ライン渓谷沿いの気候は冬は快適で夏は暑く乾燥しており、ドイツ東部と中央部は大陸性気候の影響を受けています。この地域では冬が長く、夏は暑く乾燥し、四季の変化がはっきりしています。バイエルン州のアルプス山脈最南端は高山気候で、冬は寒く夏は雨が多く降ります。 夏の気温はハンブルグ地区北東部の海岸で16度、シュトゥットガルトの内陸部で18~19度、ライン渓谷で20度となります。冬の気温はベルリンで‐3度、アクアエ・グラニ(アーヘン)で20度です。 雨量の変化はほとんどなく、ドイツ東部では年間降水量は600ミリ、バイエルン州山間部では900ミリです。 ドイツ旅行のベストシーズン ドイツ旅行に最適なのは暖かくなる春と、1年で最も雨の多い季節ですが夏です。 ドイツの気候テーブル ベルリン (50 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量(mm) 平均降雨日数 1月 -1,9 2,9 42,3 10,0 2月 -1,5 4,2 33,3 8,0 3月 1,3 8,5 40,5 9,1 4月 4,2 13,3 37,1 7,8 5月 9,0 18,9 ...

Read More »

スリランカの気候:スリランカ旅行のベストシーズン

スリランカの気候は熱帯性気候で、乾季と雨季の2つの異なる気候があります。 スリランカは2つのモンスーンに影響を受けています。5月から8月にかけて吹く南西からのモンスーンの方が、強烈で、南岸、西岸と中央高原に雨をもたらします。10月から1月にかけて吹く北東からのモンスーンはスリランカ北部、東部に雨をもたらします。 北部、東部は乾燥しており、年間降水量は600~1200ミリになります。南西部の海岸、中央部、南部の高地の山の中腹、は島で最も湿度の高い地域です。南西部の海岸にあるスリランカの首都コロンボの年間降水量は2500ミリです。 コロンボで最も雨が降るのは9月から11月と4月、5月、最も乾燥するのは1月と2月です。他の赤道に近い地域同様、かなりの量の雨が降ります。雨の量が増えるのは、太陽が天頂を通る時期の4月、5月と10月、11月になります。 沿岸部の最高気温は28~34度、最低気温は22~26度です。気温が最も上昇するのは3月から6月までの間で、最も低くなるのは11月から1月の間です。中央高原では標高が高いために気温は低くなります。標高1990メートルのヌワラ・エリヤの最高気温は4月から6月が18~23度、最低気温は1月が9度、6月が13度になります。 スリランカ旅行のベストシーズン スリランカ旅行のベストシーズンは、沿岸部や内陸部の南高原へのお出かけは12月から3月、東海岸へお出かけに最適なのは5月から9月の間です。 スリランカ気候テーブル コロンボ (2 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 22,3 31,0 58,2  5 2月 22,7 31,2 72,7  5 3月 23,7 31,7 128,0  9 4月 24,6 31,8 245,6  14 5月 25,5 ...

Read More »

アルバの気候:アルバ旅行のベストシーズン

アルバは乾燥した熱帯性気候が特色で、年間平均気温は27度で、1年を通じてほとんど変化はありません。暑さは、常に吹く貿易風によって緩和されます。1月、2月は最も寒い時期で気温は24度から29度になります。8月、9月は最も暑い時期で気温は26度から32度になります。 乾燥した気候により、アルバ島は半砂漠のような様子で、サボテンや低木が成長します。年間降水量は250~400ミリです。アルバの雨季は10月から12月ですが、雨季の間も雨はそれほど多くはありません。アルバ島はハリケーンの進路から外れています。湿度は3月が75%、11月が79%です。 海水温は年間を通じて泳ぐのに最適で、2月が25度、8月から11月が28度です。 アルバ:アルバ旅行のベストシーズン アルバは年間を通じていつ訪れても快適ですが、10月から12月は比較的雨が降りやすいので避けた方が賢明です。1月から3月の間は乾燥して爽やかなのでお勧めです。 アルバ気候テーブル オラニエスタッド (アルバ) (4 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量(mm) 平均降雨日数 1月 24,5 30,0 39,3 8,4 2月 24,7 30,4 20,6 5,0 3月 25,0 30,9 8,7 1,8 4月 25,8 31,5 11,6 1,9 5月 26,5 32,0 16,3 ...

Read More »

バハマの気候:バハマ諸島旅行のベストシーズン

バハマ熱帯性気候で、北東からの南風によって暑さが緩和されます。1年を通して気温はわずかに上下します。最低気温は18度から24度、最高気温は25度から32度です。 バハマの気候は赤道海流の交差の組み合わせによってもたらされます。赤道海流は赤道の暑さを潮風と共にもたらすため、海流の及ぼす影響が緩和されています。これにより、一帯は地上で最も快適な気候になっています。 バハマ諸島の年間降水量は1150ミリです。最も雨の多いシーズンは5月から10月です。雨は数十分も続く強い熱帯性暴風雨を形成します。1年を通じて強い日差しがあります。 6月から11月は熱帯性低気圧が島に到達する恐れがあります。 バハマ北部および西部の島々(グランド・バハマ島、グレート・アバコ島、アンドロス島、エルーセラ島)では寒く、南の島は特に夏(7月、8月)は暑くなります。海水温は気温と同じです。 バハマ諸島旅行のベストシーズン バハマ諸島の気候は快適で、年間を通じていつでも訪れることができます。1年のうちいつでも旅行できますが、その中でも最適なシーズンは12月から4月の間です。 バハマ気候テーブル ナッソー (5 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 17,1 25,6 47,2 8 2月 17,3 25,7 49,0 6 3月 17,9 26,7 54,4 7 4月 19,3 27,9 69,3 6 5月 21,1 ...

Read More »

メキシコの気候:メキシコ旅行のベストシーズン

メキシコの気候は国内の様々な標高により、大きく異なります。メキシコの気候は標高によって、ティエラ・カリエンテ、ティエラ・テンプラーダ、ティエラ・フリア、ティエラ・エラーダという4つの気候帯に分かれます。 国土が南北に広いため、北の砂漠性気候から南の赤道性熱帯気候までの様々な気候があります。北回帰線がメキシコの気候を分けています。北回帰線の南側は熱帯気候に属し、北側は温帯気候に属しています。 標高による気候区分に話を戻すと、メキシコのティエラ・カリエンテは標高600メートル以下の地域にあります。この地域は非常に湿度の高い熱帯性気候で、気温は25度、降水量は比較的多く、年間降水量は1500ミリ以上に達します。この気候帯に入る地域はユカタン半島、チアパス大地、テワンテペック地峡です。 ティエラ・テンプラーダは標高700~1600メートルの地域にあります。気温は約20度で日中と夜間で多少の差があります。特に夏の6月から9月の間は雨が降り、年間降水量は1000ミリに達します。 ティエラ・フリアは標高1600~2800メートルの地域にあります。この気候帯に属するのは標高2420メートルの首都メキシコシティーです。気候は温暖で6月から9月の夏は雨季となります。年間降水量は800ミリほどです。 最後にティエラ・エラーダに属するのは、標高2800メートル以上の地域です。山間部の気候に属するこの地域では、標高4800メートル以上になると年中、氷と雪が積もっています。 メキシコ旅行のベストシーズン メキシコには多くの気候が存在するため、年間を通して訪れることができます。各地域に旅行に最適のシーズンがあります。沿岸部は年中蒸し暑く、高原は快適な気候です。冬の11月から4月までは乾燥した気候となるため、高地を訪れる場合は最適の季節でしょう。 カリブ海や大西洋の熱帯地域の海岸へ旅行するには11月から4月までが最適で、夏の間は、雨が多くサイクロンが発生する恐れがあります。サイクロンはほとんどが、8月から10月の間に発生しますが、6月から11月に発生することもあります。 メキシコ気候テーブル メキシコシティ (Tacubaya) (2308 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 7,4 21,7 7,6  2,2 2月 8,5 23,4 7,0  2,5 3月 10,4 25,7 8,9  4,1 4月 12,3 26,8 22,5 ...

Read More »

ペルーの気候:ペルー旅行のベストシーズン

ペルーには南北に長い国土と標高の高さの違いにから、非常に多くの気候があります。 ペルーの気候はアンデス山脈と太平洋を流れるフンボルト海流に大きな影響を受けています。 全般的に、沿岸部の気候は雨がほとんど降らない乾燥した亜熱帯気候だと言えます。アンデス山脈には、雨の多い夏と乾燥した冬の2つの季節があります。 アマゾンは年間を通して高温多湿多雨の気候で、7月~8月の短期間に乾季があります。 リマの気候 ペルーの首都リマの気候は、温暖な砂漠性亜熱帯気候で、フンボルト海流の影響を受けています。そのため、最低気温は12度から20度、最高気温は25度から30度に保たれています。 雨は事実上降らず、年間降水量はわずか13ミリですが、湿度は非常に高く、特に5月から11月の間は常時霧が発生します。 リマ (34 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量 (mm) 平均降雨日数 1月 19,4 26,1 0,8  0,7 2月 19,8 26,8 0,4  0,7 3月 19,5 26,3 0,4  0,7 4月 17,9 24,5 0,1  0,3 5月 16,4 22,0 ...

Read More »

エクアドルの気候:エクアドル旅行のベストシーズン

エクアドルは小国ですが、気候に大きな差があります。これは主に、国内の様々な気候帯の標高によるものです。 太平洋沿岸は暑く湿度が高い熱帯性気候で、12月から5月には豪雨が降ります。気温は年間を通じて23度から26度です。南部に行くと気候は乾燥する一方、北部では年間降水量が2500~3000ミリにもなります。南部の海岸一帯の年間降水量は300ミリにもなりません。 アンデスの高原の気候は温暖で乾燥しています。乾季は6月から9月までの間で、雨季は1月から5月の間です。年間降水量は500~1500ミリです。 年間平均気温は13度から16度となります。日中と夜間では気温に大きな差があります。また、標高によっても気温と降水量に大きな差があります。標高400~1800メートルの地域の気温は20~25度で強い雨が頻繁に降ります。標高1800~2000メートルの地域では気温は15度~20度で雨は適度に降ります。標高2000~3000メートルの地域では気温は10~15度で、雨は適度に降り、年間降水量は1000ミリほどです。標高3200メートル以上の地域では気温は大きく下がり、氷点下以下に達します。 アマゾン川流域の気候は、年間を通して、暑く湿度の高い典型的な熱帯雨林気候です。9月から12月は最も乾燥する時期で、6月から8月が最も雨が降ります。一部の地域では年間降水量が5000ミリ以上に達します。平均気温は25度から28度です。 ガラパゴス諸島の気候は乾燥しており、気温は年間を通して17度から25度となります。最も雨の多い時期は1月から4月です。年間降水量は島の沿岸部では350ミリで、内陸の山間部の一部の地域では年間降水量は1100ミリ以上になります。 エクアドル旅行のベストシーズン エクアドルのアンデス山脈の高原を訪れる最適のシーズンは7月から9月の間です。 ガラパゴスの気候. エクアドル気候テーブル キト (2850 メートル) 月 平均最低気温 (°C) 平均最高気温 (°C) 降水量(mm) 平均降雨日数 1月 9,8 21,2 82,5  10 2月 10,1 21,0 111,0  11 3月 10,1 20,8 146,6  15 4月 10,2 20,9 171,2  15 5月 ...

Read More »
banner
Close
Stay informed about Travel Guide
eXTReMe Tracker