• ポルトガルの気候:ポルトガル旅行のベストシーズン

    ポルトガルの気候は地中海性気候です。大西洋があるために比較的湿度が高くなります。秋と冬、雨がよく降ります。標高、緯度、海からの近さなどによって、地域ごとに気候は大きく異なります。特にアルガルヴェのよう...

  • ポルトガルの観光地:ポルトガルの見どころ

    ポルトガルは歴史豊かな国で、かつてポルトガルがアジアの香辛料の貿易を支配し、商業的、軍事的支配をブラジル、アフリカ沿岸、アジアにまで伸ばしていた頃、新大陸発見の黄金時代がありました。 ポルトガルの芸術...

  • イギリスの観光地:イギリスの見どころ

    世界中の旅行者がイギリスに訪れるため、観光はイギリス経済にとって重要な財源となっています。かつて史上最大の植民地帝国であったイギリスは、文化と言語によりその証拠を世界中に残しており、現在、ヨーロッパ大...

  • イギリスの気候:イギリス旅行のベストシーズン

    .イギリスの気象は海に強く影響を受け、特に大西洋の影響を受けます。メキシコ湾流が流れてくるため、北に位置しているにもかかわらず、比較的温暖な気候となります。 イギリスの島は、温暖で常に湿度が高い、一種...

  • サルデーニャの気候:サルデーニャ旅行のベストシーズン

    サルデーニャの気候は、1年を通じて温暖で冬が短い、典型的な地中海性気候です。寒い季節は北東から吹くミストラルのように風に湿度があり、春・夏はアフリカから来る風により暑く乾燥します。 この地域の北東部は...

惑星地球は生命が開発したどこに私たちが知っている宇宙全体で唯一の惑星です。私たちは、あらゆる形態で、地球上の生命への私たちの情熱を捧げる。太陽からの距離の順に第三惑星は太陽系における生命の宝箱で、現在までに、私たちの知る限り、宇宙全体で唯一の1はどこに生命の形があります。

 

私たちが書いたものを通して、私たちはあなたがより良い旅行し、私たちを取り囲んでいる美しさを賞賛するのに役立つのが大好きだ。この惑星上にあるすべての生きているように、多くの場合、私たちはグランドキャニオンやイグアスの滝のような壮大な自然の景色に喜んでいる、これらはユニークなものが、ある。私たちは私たちを取り囲んでいるすべてのものに対してより敏感であることを約束しましょう、私たちは将来の世代が私たちの惑星の美しさを賞賛することを可能にするためにあらゆる努力をしてみてください。

 

あなたが世界を旅行するとき、またはあなたの家の周りに簡単な散歩を行う場合でも、あなたを取り囲んでいるものの美しさを観察するために停止します。これは生命の本質である。それをうまく扱う:そしてこれは我々が生命が存在する宇宙の中で知っている唯一の場所であることを忘れないでください!

 

人類は、文化的言語的、人種的、宗教的、政治的な障壁で割ったが、地球では私たちすべてに属していることを覚えている、それは私たちの唯一の家である。できる限りそれを維持するためのすべての助けをしましょう。私たちの日常生活の中で少しでもジェスチャーに役立ちます。

 

このサイトは、特に気候に関しては、訪問する場所やアトラクションで、世界のすべての国の詳細な情報を持つ旅行ガイドです。しかし、入手方法についての情報もある、周りを取得するには、どこのホテルを予約し、世界のすべての国で車を借りるためのオプションに滞在する方法。

ヨーロッパ

  • イタリアの観光地:イタリアの見どころ

    イタリアには長い歴史をもつ国で、何千年もの文明が育んできた地には芸術作品や歴史的建造物が豊富にあります。イタリアはローマ文明、エトルリア文明ばかりでなく、市民文化、ヒューマニズム、ルネッサンスの発祥の地でもあります。 イタリアは芸術作品の宝庫で、国自体が各都市や村に広く拡散する野外博物館であると言えます。イタリアではどのような小さい街でも、古い芸術作品、教会、建造物などが野外の道路沿いや広場などにあります。 イタリアの特異な点は、芸術作品が国の隅々にまで拡散しているため、そのよう主な美しく人々から賞賛される観光地を野外(や室内)に見出せる可能性にあります。その証拠に、イタリアは世界一のユネスコの世界遺産リスト登録数を誇っています。 芸術の三大都市ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアは美術で有名な都市で、行くだけでも価値があります。この三大都市の影に隠れて、あまり目立たなくなっている都市もありますが、ピザ、ラヴェンナ、ナポリ、ヴェローナ、ヴィチェンツァ、ルッカ、フェラーラ、ペルージャ、パレルモ、ベルガモ、ボローニャ、パヴィーアなど、他の国から見れば錚々たるたくさんの都市があります。街としての人気はそれほどないにもかかわらず非常に美しい街として、サン・ジミジャーノ、アッシジ、ウルビーノ、グッビオ、オルヴェート、シラクサ、スポレート、マテーラ、コルトーナ、チヴィダーレ・デル・フルウーリ、ヴォルテッラ、ピエンツァ、トーディ、スペッロ、ロレートのような都市があります。 また多くの遺跡があり、世界的に関心を惹きつけています。有史以前の遺跡はイタリアの各地にありますが、最も興味深いのはヴァル・カモニカ(カモニカ渓谷)、ガルダ湖、モン・ベゴなどの遺跡で、数千の有史以前の岩絵を見ることが出来ます。またサルデーニャのサルジカ文明の史跡も興味深いスポットの1つです。 太古史に関しては、イタリア南部には、ギリシャ植民地時代に遡る重要な遺跡があります。最も重要なものはシチリア(アグリジェント、セリヌンテ、セジェスタ、シラクサ)とカンパニア(パエストゥム)にあります。トスカーナ、ラツィオ、ウンブリアでは、ヴィエ・カーヴェのような墓地のエトルリア文明の遺跡を見るとよいでしょう。 ローマ帝国時代はイタリア各地に大きな財産を残しました。ローマ帝国の首都であったローマは全ての中枢でしたが、ローマ近郊にも、オスティア・アンティカ、ティボリのヴィッラ・アドリアーナなど一見に値する印象的なローマ帝国の遺跡があります。ローマ以外の地域には、有名なものを挙げるだけでも、カンパニア(ポンペイ、ヘルクラネウム、オプロンティス)、シチリア(ピアッツァ・アルメリーナ、ティンダリ)、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア(アクイレイア)、ヴェネト(ヴェローナ)、ヴァッレ・ダオスタ(アオスタ)など多くの遺跡があります。 イタリアの国土は多様性に富み、自然景観のあらゆる要素に満ちています。イタリアの自然は長い年月の間に人間によって深く変化を加えられていますが、自然と人間の融合により、トスカーナのキャンティの丘、ヴァル・ドルチャ、ピエモンテのロエロ、モンフェラート、リグリアのチンクエ・テッレなどのすばらしい景観となっています。 ただし、イタリア半島にも手つかずの多くの天然資源があります。アルプス山脈の標高4000メートル以上の自然は国立公園として保護され、奇異で壮大なドロミーティーのようにユネスコの世界遺産リストに加えられている場所もあります。イタリアの南北に連なるアペニン山脈は低く優美な山です。イタリアには、ヨーロッパ最大の火山であるエトナや破壊力のあるヴェスヴィオのような火山もあります。 天然資源は山に限らず、それぞれの地理的資源にも見るべきものがあります。美しい景観で有名なのはコモ湖、ガルダ湖、イゼーオ湖、マジョーレ湖のようなイタリア北部の大きな湖です。トスカーナ、ピエモンテ、ヴェネト、ウンブリア、マルケなどの勾配の際しい山岳地帯や田園地帯の景観は大変魅力的です。また鍾乳石や石筍で出来た素晴らしい自然を含む地下の洞窟もあります。有名な洞窟には、プッリャのカステリャーナ洞窟、トスカーナのベント洞窟、リグリアのトイラノ洞窟、マルケのフラサッスィ洞窟などがあります。 何千キロも連なる海岸はイタリアを訪れる旅行者に人気の観光地になっています。アドリア海沿岸(リミニ、リッチョーネ)、ヴェルシリア(フォルテ・デイ・マルミ、ヴィアレッジョ)などにある有名な海水浴場があります。サルデーニャ海岸沿いにあるマレス・ド・スール、岩場の多い手つかずの海岸(チレント、ガルガノ、チンクエ・テッレ、アマルフィ)、延々と続く黄金の砂浜、人気の島と海水浴場(ポルトフィーノ、カプリ、イスキア島、アマルフィ、タオルミーナ、ポルトヴェーレ、ポジターノ)、エオリア諸島、エーガディ諸島、トスカーナ群島のような群島があります。 イタリアへの旅行中は地元の伝統や文化、伝統工芸、言語、民間伝承、食事やワインにも注意を払うべきでしょう。イタリアには代々受け継がれた世界で類を見ないほどの食事とワインがあります。イタリアの各地域には郷土料理やその調理法、ワイン、オリーブオイル、サラミ、特産物があります。

    Read More »
  • ドイツの観光地:ドイツの見どころ

  • イタリアの気候:イタリア旅行のベストシーズン

  • イギリスの観光地:イギリスの見どころ

  • ギリシャの観光地:ギリシャの見どころ

北米

  • メキシコの気候:メキシコ旅行のベストシーズン

    メキシコの気候は国内の様々な標高により、大きく異なります。メキシコの気候は標高によって、ティエラ・カリエンテ、ティエラ・テンプラーダ、ティエラ・フリア、ティエラ・エラーダという4つの気候帯に分かれます。 国土が南北に広いため、北の砂漠性気候から南の赤道性熱帯気候までの様々な気候があります。北回帰線がメキシコの気候を分けています。北回帰線の南側は熱帯気候に属し、北側は温帯気候に属しています。 標高による気候区分に話を戻すと、メキシコのティエラ・カリエンテは標高600メートル以下の地域にあります。この地域は非常に湿度の高い熱帯性気候で、気温は25度、降水量は比較的多く、年間降水量は1500ミリ以上に達します。この気候帯に入る地域はユカタン半島、チアパス大地、テワンテペック地峡です。 ティエラ・テンプラーダは標高700~1600メートルの地域にあります。気温は約20度で日中と夜間で多少の差があります。特に夏の6月から9月の間は雨が降り、年間降水量は1000ミリに達します。 ティエラ・フリアは標高1600~2800メートルの地域にあります。この気候帯に属するのは標高2420メートルの首都メキシコシティーです。気候は温暖で6月から9月の夏は雨季となります。年間降水量は800ミリほどです。 最後にティエラ・エラーダに属するのは、標高2800メートル以上の地域です。山間部の気候に属するこの地域では、標高4800メートル以上になると年中、氷と雪が積もっています。 メキシコ旅行のベストシーズン メキシコには多くの気候が存在するため、年間を通して訪れることができます。各地域に旅行に最適のシーズンがあります。沿岸部は年中蒸し暑く、高原は快適な気候です。冬の11月から4月までは乾燥した気候となるため、高地を訪れる場合は最適の季節でしょう。 カリブ海や大西洋の熱帯地域の海岸へ旅行するには11月から4月までが最適で、夏の間は、雨が多くサイクロンが発生する恐れがあります。サイクロンはほとんどが、8月から10月の間に発生しますが、6月から11月に発生することもあります。 メキシコ気候テーブル メキシコシティ 1月 ...

    Read More »

アフリカ

  • ケニアの気候:ケニア旅行のベストシーズン

    ケニアの気候は赤道気候ですが、沿岸部だけは赤道気候に伴って常に湿度が高く暑い気候となります。 ケニア内陸部の気候は、標高により異なります。平野では乾燥して暑いのに対し、高地の気候は温暖で夜は涼しく過ごせます。雨季は3月から5月と11月、12月です。通常、最も暑いのは2月、3月、最も寒いのは7月、8月です。 ケニアの気候帯は、標高の違いによって以下のように大きく4つに分かれます。 沿岸地域:沿岸地域では1年中蒸し暑い気候が続きますが、強い潮風によって暑さが和らげられています。モンバサの最高気温は3月が32度、7月が28度、最低気温は8月が20度、3月が24度になります。 年間降水量は1000ミリ以上で、沿岸地域で最も湿度が高くなるのは4月、5月、最も降水量が少ないのは10月、11月です。 北ケニアと内陸の平野部:ケニアのこの地域、特に標高が低い地域は、非常に乾燥し気温が高くなります。1年を通して最高気温は33~36度、最低気温は22~25度です。年間降水量は、最北端で200~500ミリです。 ケニアの平野部:ケニアの平野は国の中央、西にあります。この地域の気候の特徴は年間降水量が約1000~1300ミリの2つの雨季です。雨が降るのは1年で最も湿度が高くなる4月と5月、それに11月、12月です。 ビクトリア湖周辺はケニアで最も降水量が多い地域で、特にキスム南北の高地の年間降水量は1700~1900ミリにも及びます。 首都ナイロビはこの地域にあり、標高1661メートルのこの地は温暖な気候となっています。夏は日差しが強く暑く、冬は寒くなります。ナイロビの最高気温は2月が25度、7月が20度、最低気温は7月が10度、4月が14度です。雨が降るのは、1年で最も降水量の多い4~5月と、11月、12月です。1年で最も乾燥するのは6月~9月で、年間降水量は1000ミリです。 山間部:標高2500メーター以上の地域の気候は非常に寒く、霜が降りる可能性があり、山の頂上付近では雪が降ることもあります。 ケニア旅行のベストシーズン ケニア旅行のベストシーズンは1月、2月もしくは6月~9月の間です。 ...

    Read More »
  • セーシェルの気候:セーシェル旅行のベストシーズン

  • マダガスカルの気候 マダガスカル旅行のベストシーズン

  • アンゴラの気候 アンゴラ旅行のベストシーズン

  • モーリシャスの観光名所:モーリシャス諸島の見どころ

オセアニア

  • イースター島の気候:イースター島旅行のベストシーズン

    イースター島は太平洋の南緯27度に位置しています。地上最大の海洋の中央に位置しているため、島は気温の変化が少なく、年間を通して雨が降る亜熱帯気候の影響を受けています。また常に風が吹くのもイースター島の気候の特徴です。 イースター島の気温は季節による変化がほとんどなく、最高気温は、2月が27度、6月から9月までの間が20度、最適婚は3月が20度、7月から10月までの間が15度です。 1年の大半、イースター島は南から北房津への風が吹いています。最も雨の多い月は4月から5月で、年間降水量は1100ミリ、最も乾燥しているのは10月から2月までの間です。 イースター島の気温は年間を通じて20度以上で、2月、3月には25度まで上がり、7月から10月までは20度くらいです。 イースター島旅行のベストシーズン 快適な気候のおかげで、イースター島へは1年を通していつでもお出かけになれますが、イースター島旅行に最適なのは雨の少ない8月から3月の間です。 イースター島の気候テーブル イースター島 1月 2月 3月 4月 ...

    Read More »

中米

  • バハマの気候:バハマ諸島旅行のベストシーズン

    バハマ熱帯性気候で、北東からの南風によって暑さが緩和されます。1年を通して気温はわずかに上下します。最低気温は18度から24度、最高気温は25度から32度です。 バハマの気候は赤道海流の交差の組み合わせによってもたらされます。赤道海流は赤道の暑さを潮風と共にもたらすため、海流の及ぼす影響が緩和されています。これにより、一帯は地上で最も快適な気候になっています。 バハマ諸島の年間降水量は1150ミリです。最も雨の多いシーズンは5月から10月です。雨は数十分も続く強い熱帯性暴風雨を形成します。1年を通じて強い日差しがあります。 6月から11月は熱帯性低気圧が島に到達する恐れがあります。 バハマ北部および西部の島々(グランド・バハマ島、グレート・アバコ島、アンドロス島、エルーセラ島)では寒く、南の島は特に夏(7月、8月)は暑くなります。海水温は気温と同じです。 バハマ諸島旅行のベストシーズン バハマ諸島の気候は快適で、年間を通じていつでも訪れることができます。1年のうちいつでも旅行できますが、その中でも最適なシーズンは12月から4月の間です。 バハマ気候テーブル ナッソー 1月 2月 3月 ...

    Read More »
  • アルバの気候:アルバ旅行のベストシーズン

南極大陸

アジア

  • スリランカの気候:スリランカ旅行のベストシーズン

    スリランカの気候は熱帯性気候で、乾季と雨季の2つの異なる気候があります。 スリランカは2つのモンスーンに影響を受けています。5月から8月にかけて吹く南西からのモンスーンの方が、強烈で、南岸、西岸と中央高原に雨をもたらします。10月から1月にかけて吹く北東からのモンスーンはスリランカ北部、東部に雨をもたらします。 北部、東部は乾燥しており、年間降水量は600~1200ミリになります。南西部の海岸、中央部、南部の高地の山の中腹、は島で最も湿度の高い地域です。南西部の海岸にあるスリランカの首都コロンボの年間降水量は2500ミリです。 コロンボで最も雨が降るのは9月から11月と4月、5月、最も乾燥するのは1月と2月です。他の赤道に近い地域同様、かなりの量の雨が降ります。雨の量が増えるのは、太陽が天頂を通る時期の4月、5月と10月、11月になります。 沿岸部の最高気温は28~34度、最低気温は22~26度です。気温が最も上昇するのは3月から6月までの間で、最も低くなるのは11月から1月の間です。中央高原では標高が高いために気温は低くなります。標高1990メートルのヌワラ・エリヤの最高気温は4月から6月が18~23度、最低気温は1月が9度、6月が13度になります。 スリランカ旅行のベストシーズン スリランカ旅行のベストシーズンは、沿岸部や内陸部の南高原へのお出かけは12月から3月、東海岸へお出かけに最適なのは5月から9月の間です。 スリランカ気候テーブル コロンボ 1月 2月 3月 ...

    Read More »

南米

  • Rano Kau, Easter Island, Chile. Author Arian Zwegers. Licensed under the Creative Commons Attribution

    チリの観光名所:チリの見どころ

    チリは太平洋とアンデス山脈の間で分かれています。チリには世界で最も乾燥しているアタカマ砂漠、山、火山、フィヨルド、湖、氷河などの多様な自然景観があります。 間違いなく自然景観はチリ観光の目玉でしょう。国内には最も美しい自然景観が保護されている32の国立公園があります。 アタカマ砂漠も、プレ・コロンビア文化の興味深い例で、岩面彫刻、岩絵、ミイラなどが乾燥した気候のおかげで非常によい状態で保存されています。 ただし、チリにはスキー(ポルティージョ、バレ・ネバード、テルマス・デ・チジャン)、中央部海岸沿いのリゾート(特に忘れてはならないのがバルパライソとヴィニャ・デル・マール)などのもっと身近な観光スポットもあります。 またカサブランカ、コルチャグア渓谷等のチリのブドウ園は良質のワインを求めるワイン愛好家を惹きつけています。パタゴニア南部は山々、湖、氷河、火山で有名で、神秘の島イースター島を初めとする太平洋に浮かぶチリの孤島は絶好の観光スポットとなっています。 チリにはユネスコの世界遺産として登録されている場所が6カ所あり、全て文化遺産です。チリで最初にユネスコの世界遺産として登録されたのはイースター島(1995年)で、その後、チロエの教会群(2000年)、バルパライソの海港都市の歴史的町並み(2003年)、ハーバーストーンとサンタ・ラウラの硝子工場群(2005年)、スウェルの鉱山都市(2006年)、アンデスの道路網(カパック・ニャン)(2014年)と登録されました。 チリ:自然を楽しむ観光スポット トーレス・デル・パイネ国立公園 トーレス・デル・パイネ国立公園はチリ最大の主要な公園の1つです。公園はプエルト・ナタレスから100キロ離れたチリ南部に位置しており、渓谷、河川、氷河がある有名なトーレス・デル・パイネを含む多様な自然環境や山々があります。 アタカマ砂漠 チリ北東部に位置し、岩石の多い盆地、アタカマ砂漠は地上で最も乾燥した地域の1つです。砂漠の砂には硝酸ナトリウムが多く含まれています。盆地はアンデスの火山の麓にあり、多様な自然景観が楽しめます。岩塩、火山、湖、間欠泉があります。 イースター島 ...

    Read More »
  • コロンビアの気候:コロンビア旅行のベストシーズン

  • アルゼンチンの気候:アルゼンチン旅行のベストシーズン

  • ガラパゴス諸島の気候:ガラパゴス旅行のベストシーズン

  • ボリビアの気候:ボリビア旅行のベストシーズン

フランス

  • フランスの気候:フランス旅行のベストシーズン

    フランスの気候は全般的に温暖です。大陸性気候、海洋性気候、地中海性気候の影響を受けているフランスには多様な気候が存在します。 フランスには海洋性、大陸性、地中海性という主に3種類の気候があります。 フランスの大部分は海洋性気候の影響を受けており、フランス南部のみ地中海性気候の影響を受けます。 フランスの海洋性気候 大西洋に面したフランス西部は海洋性気候の影響を受けています。この気候は気温の変化が少なく、雨量が大変多く、夏は涼しく冬は寒いという特徴があります。大西洋気候のこの地域の年間降水量は1000ミリで、1年中同じ程度の雨が降ります。 ノルマンディー:ノルマンディーは、1年の大変は湿度が高く雨が多い気候です。フランスで最も雨が多いルーアンは年中雨が降り、冬は寒い気候で、1年に120日間雨が降った記録もあります。ノルマンディーを訪れるのに最適な時期は、気候、気温共に快適な5月から9月の間です。 フランスの大陸性気候 .フランス中央部は大陸性気候の影響を受けています。夏は暑く冬は、大陸性気候の影響を受けて沿岸部よりも寒いという特徴があります。降水量は非常に多く、冬は常に雪が降ります。 パリの気候 フランスの地中海性気候 フランス南部の地方は地中海性気候の影響を受けており、夏は暑く雨が少なく、冬は雨が多いという特徴があります。 プロヴァンス:プロヴァンスは温暖な地中海性気候に恵まれ、夏は暑く乾燥し、気温は30度を超え、夜間は比較的涼しく気温は20~25度になります。冬でも比較的温暖で晴れた日が続きますが、時折激しい寒風ミストラルにより非常に寒くなることがあります。プロヴァンス旅行に最適なのは、気候、気温共に快適な4月から9月の間です。 ...

    Read More »
  • フランスの観光地:フランスの見どころ

  • パリの気候:パリ旅行のベストシーズン

ブラジル

タイ

アメリカ合衆国

アラブ首長国連邦

イタリア

オーストラリア

banner
Close
Stay informed about Travel Guide
eXTReMe Tracker